総合教育研究センター(臨床部門)

研究テーマ

●臨床部門
1)医薬品の使用性に関する研究
2)医薬品の適正使用に関する研究
3)Adverse Event Reporting Systemデータベースを利用し、薬剤の有害事象シグナル検出を指標に投与薬剤と有害事象の因果関係を解析する研究
4)フェンタニル経皮吸収製剤の適正使用に関する研究
5)実務実習事前教育における指導薬剤師の役割および学習効果に関する調査研究
6)がん哲学外来・メディカルカフェの社会的意義および参加者に与える効果に関する調査研究
7)保険薬局の機能向上と患者のニーズに関する研究
8)薬剤師による専門的スキルを用いた地域支援活動に関する研究

スタッフ

國正 淳一

國正 淳一 教授・部門長

学位:博士(医学)

国内の労働人口の減少や社会情勢の変化により、近年では多くの国民が何かしらの疾患を持ちながらも治療と投薬を受けて仕事を続けていくことが珍しくなくなってきました。薬剤師は医師、看護師、歯科医師、介護士などの多くの職種と深く連携して、患者様にとって親身で緻密な医療を担っていかなければなりません。本学薬学部では、すべての薬の効果と副作用を熟知し、薬の分子のかたちから予期される有害事象を未然に予防でき、コミュニケーションと患者心理学にも長けた人間性豊かな薬学生を育ててまいりたいと思っています。

沼田 千賀子

沼田 千賀子 教授

担当科目:医薬品開発Ⅰ 処方解析学 処方解析演習 総合薬学講座 実務実習事前教育 調剤学Ⅱ 卒業研究Ⅰ 卒業研究ⅡA 卒業研究ⅡB医療薬科学研修特論 がん医療薬学特論
学位:博士(薬学)

がん薬物療法認定薬剤師として緩和医療に携わった経験より、薬剤師には薬学的知識とともに患者本位の視点やコミュニケーション能力が重要であると感じ、患者背景に配慮しながら個別に対応できる”思いやり”と”やさしさ”を兼ね備えた人材育成に努めています。
また緩和医療で使われるオピオイドの適正使用に関する調査研究を行うとともに、「がん哲学外来 メディカル・カフェ」を開催し、がん患者の心理的なサポートも支援しています。薬学を通して「病気であっても病人でない社会」の実現を目指します。

白木 孝

白木 孝 教授

学位:博士(薬学)

5年次の病院・薬局実務実習は、薬剤師業務を実際に経験することにより学んで行く場ですが、それを通じて、様々なことに対する分析能力、判断能力、問題解決能力を身に付けて行くことができます。皆さんが充実した実務実習を受けることができるように、また医療人として、人間として大きく成長できるように、様々な形で支援して行きたいと思います。

奥川 斉

奥川 斉 臨床特命教授

担当科目:漢方医学 実務実習事前教育 総合薬学講座

薬剤師は薬の専門家として、社会の様々なところで期待されています。その期待に答えるには、まず皆様は6年間の中で薬学基礎をしっかり学び、主体的に社会の中で薬学とは何かを問い詰め、実学たる薬学を明確につかんでいただきたいと思います。そして、医療人として高い臨床能力を身につけ、医療チームの薬のプロとして活躍できる薬剤師を目指していただきたい。そのためにも基礎の上に立った実務実習等の臨床実践によって、病める患者さんの立場に立った医療人マインドを培い、人間的にも魅力ある薬剤師となっていただきたいと願っています。

河本 由紀子

河本 由紀子 臨床特命教授

長年、医療機関に身を置き、病院における薬剤師の在り方について種々体験し、学んでまいりました。今までの貴重な経験を活かし、チーム医療において活躍できる、また社会に貢献できる人材育成を目指しています。また、知識だけではなくこれからの医療現場に不可欠なコミュニケーション能力の必要性を説き、薬の専門家として業務に係る重要性、そして「命を救う医療」のみならず患者さんに寄り添う医療、「支える医療」の大切さを伝えていきたいと考えています。

髙尾 宜久

髙尾 宜久 臨床特命教授

2017年4月に臨床特命教授として着任しました。地域包括ケアの中で、特に保険薬局の薬剤師の役割が大きく変わろうとしています。在宅患者への最適かつ効率的で安全・安心な薬物療法の提供が求められています。具体的には他の医療スタッフ(地域の医療・介護の専門家)と連携して在宅訪問し、服薬説明、残薬管理、ポリファーマシー、相互作用チェック、疑義紹介、処方提案などの業務を行います。
2017年9月には東灘区住吉宮町3丁目に地域連携サテライトセンターがオープンしました。薬剤師会、医師会、歯科医師会、訪問看護ステーション、地方自治体(神戸市・東灘区など)、地域住民などとの教育・研修に関する共同事業を行い、地域で活躍できる学生教育を実施しています。皆様方のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

福井 英二

福井 英二 臨床特命教授

超高齢化社会を迎え、いわゆる2025年問題に対応すべく、国の医療計画、「地域医療構想」並びに「地域包括ケアシステムの推進」がスタートして、病院薬剤師及び薬局薬剤師はどのように職能を果たすかが重要であります。国の政策に学生時代から関心を持ち、社会に出てからしっかりした道筋を歩むために、常に患者サイドに立って「医療人として何をすべきか」という問題意識を持って取り組んでいけるよう支援したいと考えています。まずは、薬物療法における実践的能力を身につけていただきたい。そして、医薬品に関する最新のエビデンスに基づく情報を把握し、医師に適切な処方提案を行い、医薬品の適正使用の推進に貢献できる薬物療法の専門家として活躍する薬剤師を目指していただきたいと思います。

山本 克己

山本 克己 臨床特命教授

学位:博士(医学)

薬剤師が就く職業は多岐にわたりますが、結果的に全てが医療に結び付いています。そして医療は、他人に“良い仕事をする”ことで人間ならではの高度な喜びと充実感を感じとることができ、“人としての成長、人格の向上”という人生の大目標において極めて有利な職業です。薬剤師が“良い仕事をする”ために必要となる能力は、人を慈しむクリニカル力と、解答のない世界に挑むことのできるサイエンス力です。これらの力を学生が培うことができるよう、また、学生が社会の出発点に立つとき出来るだけ良い環境を与えられるよう、38年間の病院薬剤師(大阪府)の経験を活かして貢献したいと考えています。

國東 ゆかり

國東 ゆかり 臨床特命教授

薬剤師は安心で安全な薬物療法を提供する医療者であるだけでなく、時代に対応できる薬のスペシャリストであることが求められています。あらゆる分野や場面においての「連携」が患者をとりまく医療従事者の最も重要なキーワードになります。親切で丁寧なコミュニケーション、地域の住民・患者への誠実なサポート、迅速で確実な情報の発信力等が必要です。学生が臨床に繋がる研究等に邁進し、基礎学力を養い自己研鑽を積み社会で活躍できるよう、38年間の病院薬剤師の経験を活かして学生の育成に貢献したいと考えています。

小椋 千絵

小椋 千絵 臨床特命教授

薬剤師の業務は「対物業務」から「対人業務」へ移行しつつあります。つまり、調剤など薬中心の業務から、処方監査や処方提案、服薬指導、副作用・服薬状況の多職種へのフィードバックなど患者中心の業務への対応が求められています。また、多職種との連携、地域連携に必要なコミュニケーション力やICTの活用など時代の変化やニーズに対応できる適応力も重要です。長年、臨床の場で病院薬剤師として患者さんに学ばせていただいた経験を活かし、薬学生の皆さんが、患者さんを思いやり、チーム医療の一員として有効な薬物療法に積極的に関われるような薬剤師になれるように支援していきたいと思います。

河内 正二

河内 正二 准教授

担当科目:早期体験学習 海外薬学研修 安全管理医療 調剤学Ⅰ 実務実習事前教育 処方解析学 処方解析演習 総合薬学講座 病院実習 薬局実習 卒業研究Ⅰ 卒業研究ⅡA 卒業研究ⅡB
学位:博士(薬学)

私は、これまで医薬品の研究開発、治験を含めた臨床研究業務および病院薬剤師業務を経験し、医薬品が創製され患者に交付されるまでの過程を様々な角度から学んできました。薬物治療全般に関わる薬剤師として重要なことは、医療現場で薬剤師が行うべきことで患者および医療スタッフの利益に繋がるものは何かということを認識する問題意識であると考え、多面的な思考を有する薬剤師の育成に努めています。また日米の有害事象データベースを用いた副作用の発現頻度やその背景因子の探索を研究テーマとし、臨床現場での医薬品の適正使用に貢献することを目指しています。

猪野 彩

猪野 彩 講師

担当科目:調剤学Ⅰ 薬事関係法規・薬事制度 実務実習事前教育 処方解析学 処方解析演習 初期体験臨床実習 医療コミュニケーション演習

「教科書には書かれていない、医療現場のリアルな患者の声、薬剤師をはじめとする医療従事者の声、そんなリアルな声を実務実習事前教育などで伝え、“求められる薬剤師”像を描く手掛かりとなるよう努めています。」

藤波 綾

藤波 綾 講師

担当科目:臨床検査学II 薬学英語入門II 臨床検査実習 臨床検査医学特論(大学院)
学位:博士(薬学)

竹下 治範

竹下 治範 講師

担当科目:調剤学Ⅱ 処方解析学 処方解析学演習 実務実習事前教育 総合薬学講座 病院実習 薬局実習 卒業研究Ⅰ 卒業研究ⅡA 卒業研究ⅡB 医療倫理学演習
学位:博士(医学)

日本では2025年問題がささやかれています。2025年問題とは、第一次ベビーブームに出生した世代の人たちが75歳以上になる年で、国民の3割を高齢者が占めます。私は高齢者が、この薬を難なく使えるだろうかという目線に立ち、日々、使いにくそうな薬を探索しています。そういった薬を医療機関や企業とコラボレーションし、『医薬品の製剤的使用性』に関する研究を学生さんと共に行っています。

富田 淑美

富田 淑美 講師

横山 郁子

横山 郁子 助手

担当科目:実務実習事前学習 卒業研究Ⅰ 卒業研究ⅡA 卒業研究ⅡB

実務実習事前学習では、医療人として、また人として患者さんに寄り添う気持ちの大切さを学んでいただきたいと思っています。そのために、模擬患者さんと行う服薬指導のロールプレイ等を通して実践的実習を行い、新たな気付きが得られるよう努めています。
また、薬剤師の日々の業務の一つである、錠剤を半錠に分割する際に生じる様々な問題について研究を行うとともに、「がん哲学学校 in 神戸 メディカル・カフェ」を定期的に開催し、「医療の隙間を埋める」活動をしています。