研究室オリジナルHP

生命有機化学研究室

研究テーマ

触媒反応による精密有機合成プロセスの開発と、生命現象を解明する機能性物質や創薬を指向した光学活性化合物および高付加価値化合物の創製

生命有機化学研究室では、触媒反応を駆使した精密有機合成法に基づき、生命機能現象を解明するための機能性物質や工業的に付加価値の高い光学活性化合物を創製し、創薬ならびに応用化学へと繋げる基礎的研究を展開しています。新しい機能や生物活性を有する医薬品や天然物において、その分子の三次元骨格を選択的に構築するための有機合成法は、物質化学を支える基盤科学技術として発展しています。特に、原子効率(生成物/原料)の向上、E-ファクター(廃棄物/原料)の低減、毒性化合物削減の問題は、環境低負荷を目指した現代有機化学の最重要課題です。生命有機化学研究室では、天然酵素の機能に匹敵する有機反応制御を目指し、既存の手法を凌駕する高い効率と選択性を実現する人工触媒反応プロセスや新しい有機合成法を開発しています。「革新的な分子触媒の開発」と「バイオミメティックな合成手法に基づいた生理機能分子の創製/機能の解明」を両輪とする生命有機化学を推進しています。
(1) 酸塩基複合化学に基づく画期的な触媒デザインによる有機反応制御
(2) ナノ・キラル高機能触媒による不斉触媒反応の開発
(3) グリーンケミストリーを志向した低環境負荷反応プロセスの開発
(4) 生体機能解明を目指したレチノイド、カロテノイドの合成研究
(5) ヨード環化反応を基盤とする新しい複素環合成法の開発と天然物合成への応用

スタッフ

波多野 学

波多野 学 教授

担当科目:有機化学II 機器分析学実習 総合薬学講座 早期体験学習 アクティブラボ 化学系創薬学特論 総合医薬品化学特論
学位:博士(工学)

研究テーマ
(1) 酸塩基複合化学に基づく画期的な触媒デザインによる有機反応制御
(2) ナノ・キラル高機能触媒による不斉触媒反応の開発
(3) グリーンケミストリーを志向した低環境負荷反応プロセスの開発

沖津 貴志

沖津 貴志 講師

担当科目:合成化学I 合成化学II 有機化学演習 機器分析学実習 アクティブラボ 総合薬学講座 総合医薬品化学特論
学位:博士(薬学)

多重結合の特性を生かした複素環合成法について研究しています。具体的には、アルキンやアレン類の反応性を巧みに利用して、医薬品によくみられる芳香族複素環(ベンゾフラン、ピラゾール、イソキサゾールなど)やアミノ酸由来複素環(プロリン誘導体など)の新構築法の開発に取り組んでいます。