研究室オリジナルHP

研究テーマ

 細胞は生命を構成する最小単位であり、これまでに多くの研究が行われてきました。明らかにされてきたことも多い一方で、解明されていないことも多く存在します。細胞で何が起こっているかを研究することは、人類の未知への挑戦であり、科学としての面白さが細胞の中に詰め込まれています。また、薬学における細胞の研究成果は、将来的な医療への応用にも繋がりうる重要な基礎的知見です。

医薬細胞生物学研究室では、
(1)植物細胞における二次代謝産物の生産の転写・生合成・輸送機構の解明
(2)合成生物学を用いた有用化合物の大量生産
(3)必須微量金属や脂質のトランスポーターに関する研究
などの研究を行なっています。詳しくは研究室のHPをご覧ください。

スタッフ

士反 伸和

士反 伸和 教授

担当科目:基礎生命科学、機能形態学、薬用資源学、総合薬学講座、基礎薬学演習、アクティブラボ、細胞生物学実習
学位:博士(農学)

山田 泰之

山田 泰之 助教

担当科目:アクティブラボ、細胞生物学実習
学位:博士(生命科学)

池田 義人

池田 義人 助教

担当科目:アクティブラボ、細胞生物学実習
学位:博士(薬学)

学生・大学院生・博士研究員の募集

 私たちとともに、未知の世界に取り組み、新たな世界を切り拓いてくれる学生を募集します。研究室では、論理力やプレゼンテーション力の育成などを目的に、実験報告や(英語)論文の紹介などのセミナーを定期的に行っています。また、学会などでの発表も目標に研究をおこなっています。興味を持たれたら、ぜひ研究室に見学に来てください。

 また、医薬細胞生物学研究室の研究に興味を持ち、一緒に研究を進める大学院生、博士研究員を募集しています。出身学部は薬学部に限りません、理学・農学・工学・医学など多様なバックグラウンドの方のご参加をお待ちしています。見学や相談などは、士反(E-mail: shitan [at] kobepharma-u.ac.jp)までご連絡ください。