研究室オリジナルHP

研究テーマ

「医療技術の費用対効果評価に関する研究」

医療技術評価(HTA: Health Technology Assessment)とは医薬品を含む医療技術の導入が社会に与える短期的あるいは長期的な影響を検討する政策分析の方法であり、その目的は意思決定者に対して、選択肢についての客観的・科学的な判断材料を提供することです。

中でも医療技術の費用対効果評価(医療経済評価)は、国民医療費膨張の問題に直面した先進諸国において大きな関心事となっており、近年、多くの欧米諸国でHTA機関が設立され、医療技術の経済評価が数多く実施されるに至っています。

また、医療経済評価のエビデンスは、治療選択など診療上の意思決定、あるいは医療技術の償還・価格設定など医療政策上の意思決定において、各国の医療制度に組み込む形で活用されるようになっています。

日本では、平成28年度から医薬品・医療機器の費用対効果評価の試行的導入が開始され、今後、当局・企業・大学・研究機関が連携する形で、医療技術の経済評価を推進する必要があります。

医療統計学研究室では、こうした国際的な流れに沿って、診療・医療政策上の意思決定を支援するエビデンスを発信することを目的とし、臨床研究データをもとに統計解析やシミュレーション技法を援用することにより、医療技術の費用対効果を科学的に評価する研究活動を行っています。

<現在の研究課題>
①悪性腫瘍に対する薬物治療の費用対効果評価

②悪性腫瘍に対する陽子線治療の費用対効果評価

③骨粗鬆症に対する薬物治療の費用対効果評価

④循環器疾患に対する介入の費用対効果評価

スタッフ

森脇 健介

森脇 健介 准教授

担当科目:統計学I・II 医療統計学I・IIB 医薬経済学 社会保障制度と薬剤経済 総合文化演習 総合薬学講座
学位:修士(バイオメディカルサイエンス), 博士(保健学)

資格:診療情報管理士

所属学会:International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research, ISPOR日本部会(評議員), 日本骨粗鬆症学会, 日本臨床試験学会, 日本計量生物学会

受賞:
・ISPOR Best Contributed Poster Presentation Awards (2007)
・日本骨粗鬆症学会 第8回 森井賞(2013)

その他:
・東京大学 薬学部 非常勤講師 (2016~)
・国立保健医療科学院 客員研究員(2017~)

研究成果

最近の活動
・2018/5/26 以下の講演を行いました。
森脇 健介. 医療技術の費用対効果評価-基本手法と事例-. 第91回 日本整形外科学会 学術総会 教育研修講演.2018(兵庫)

・2018/2/25 以下の講演を行いました。
森脇 健介. 薬物治療の医療経済評価と実例から. 大阪府病院薬剤師会 第4回 医療情報の使い方セミナー.2018(大阪)

・2018/01/10 以下の解説記事が掲載されました。
森脇 健介. 骨折治療介入による医療費節減効果. PROGRESS IN MEDICINE. 38:89-94. 2018