研究室オリジナルHP

研究テーマ

新しい有機合成反応の開発と医薬品およびそのリード化合物の創製

薬品化学研究室では、有機合成化学を駆使した創薬研究に携わっており、環境にやさしい効率的な有機合成手法の開発に焦点を当てた研究を行うとともに、医薬品創製を指向した新しい生物活性物質の合成研究を行い、生命科学の分野に貢献する。

スタッフ

上田 昌史

上田 昌史 教授

担当科目:基礎有機化学 有機化学III 医薬品化学 合成化学II 研究リテラシー 医薬品化学実習 アクティブ・ラボ ロジカル思考演習I 総合医薬品化学特論(大学院)化学系創薬学特論(大学院)
学位:博士(薬学)

<研究分野>
有機合成化学 複素環化学 医薬品化学

<受賞歴>
日本薬学会近畿支部 奨励賞 (2004)
有機合成化学協会 富士写真フィルム研究企画賞 (2005)
有機合成化学協会 三菱化学研究企画賞 (2011)
武田科学振興財団 薬学系研究奨励 (2013)
日本薬学会 奨励賞 (2014)

<所属学会及び学外活動>
日本薬学会会員
有機合成化学協会会員
近畿化学協会会員
有機合成化学関西支部幹事
日本薬学会化学系薬学部会役員

武田 紀彦

武田 紀彦 准教授

担当科目:医薬品化学 有機化学演習 医薬品構造学 がん薬物療法論 合成化学II 医薬品化学実習 アクティブ・ラボ 総合医薬品化学特論(大学院) 化学系創薬学特論(大学院)
学位:博士(薬学)

<研究分野>
有機合成化学 複素環化学 医薬品化学

<受賞歴>
日本薬学会近畿支部 奨励賞 (2008)
有機合成化学協会 田辺三菱研究企画賞(2016)

<所属学会及び学外活動>
日本薬学会会員
有機合成化学協会会員
近畿化学協会ヘテロ原子部会・幹事

安井 基博

安井 基博 助教

担当科目:薬学入門 研究リテラシー 医薬品化学実習 アクティブ・ラボ
学位:博士(薬科学)

<研究分野>
有機合成化学

<受賞歴>
第8期 大津会議アワードフェロー (2017)
日本薬学会近畿支部奨励賞 (2018)
Reaxys PhD Prize 2020 Finalist

<所属学会及び学外活動>
日本薬学会会員
日本化学会会員
有機合成化学協会会員
次世代を担う有機化学シンポジウム世話人

研究成果

<最近の主な研究論文>
・Anhydrous Hydrogen Iodide-Mediated Reductive Indolization of In Situ-Generated Cyclopropyl Hydrazones
Motohiro Yasui Hiroki Fujioka Norihiko Takeda and Masafumi Ueda
Org. Lett. 2022,24,43-47.
・Synthesis of multi-substituted 1 2 4-triazoles utilising the ambiphilic reactivity of hydrazones
Haruo Matsuzaki Norihiko Takeda Motohiro Yasui Mayuko Okazaki Seishin Suzuki and Masafumi Ueda
Chem. Commun. 2021,57,12187-12190.
・Sequential Nucleophilic Arylation/Ring-Contractive Rearrangement of N-Alkoxylactams
Norihiko Takeda Yukiko Kobori Kohei Okamura Motohiro Yasui Masafumi Ueda
Org. Lett. 2020,22,9740-9744.
・Synthesis of Pyrazoles Utilizing the Ambiphilic Reactivity of Hydrazones
Haruo Matsuzaki Norihiko Takeda Motohiro Yasui Yuta Ito Keiji Konishi Masafumi Ueda
Org. Lett. 2020,22,9249-9252.
・Copper-Catalyzed Sequential Cyclization/Migration of Alkynyl Hydrazides for Construction of Ring-Expanded N–N Fused Pyrazolones
Keiji Konishi Motohiro Yasui Hitomi Okuhira Norihiko Takeda and Masafumi Ueda
Org. Lett. 2020,22,6852-6857.
・Nucleophilic Arylation of N O-Ketene Acetals with Triaryl Aluminum Reagents: Access to α-Aryl Amides through an Umpolung Process
Norihiko Takeda Erika Futaki Yukiko Kobori Masafumi Ueda and Okiko Miyata
Angew. Chem. Int. Ed.2017,56,16342-16346.
・Gold-Catalyzed [3+2]/Retro-[3+2]/[3+2] Cycloaddition Cascade Reaction of N-Alkoxyazomethine Ylides
Shoichi Sugita Norihiko Takeda Norimitsu Tohnai Mikiji Miyata Okiko Miyata and Masafumi Ueda
Angew. Chem. Int. Ed.2017,56,2469-2472.
・Michael Addition-Aromatization Reaction of Dienylimines Bearing a Leaving Group and Its Application to the Preparation of Thiol-Selective Labeling Reagents Capable of Forming Strong Carbon-Sulfur Bonds
Tetsuya Miyoshi, Yuka Aoki, Yumina Uno, Mina Araki, Takahiro Kamatani, Daichi Fujii, Yoshinori Fujita, Norihiko Takeda, Masafumi Ueda, Hiroshi Kitagawa, Noriaki Emoto, Takahiro Mukai, Masafumi Tanaka, and Okiko Miyata
J. Org. Chem. 2013, 78, 11433-11443.
・Nucleophilic α-Arylation and α-Alkylation of Ketones by Polarity Inversion of N-Alkoxyenaatmines: Entry to the Umpolung Reaction the α-Carbon Position of Carbonyl Compounds
Tetsuya Miyoshi, Takayuki Miyakawa, Masafumi Ueda, and Okiko Miyata
Angew. Chem., Int. Ed. 2011, 50, 928-931.

研究室の方針

私たちの研究分野には薬を「創造」するという科学の「ロマン」が無限に秘められています。

有機化学に興味がある方は是非研究室を訪問し、自分の目でみて、熱意を感じてください。当研究室はスタッフと大学院生、学生がお互い切磋琢磨しながら研究に取り組んでいます。