神戸薬科大学の「海外薬学研修」情報のコーナーです。
アメリカ、ボストン、現地からのレポートをお届けします。

ボストン研修 最終日!

キャンパスレポーター 2014年3月13日 09:50

3月12日(火) 曇りのち雨
今日の担当は、あんなとすーほです。
午前中はMGHで産婦人科の麻酔科医のレジデントをしている前田あゆみさんに
お話をお聞きしました。アメリカでは妊婦さんがニコニコしながら
出産しているのを見て衝撃を受け、この技術を日本に持って帰らなければ
いけない!!と思ったのがきっかけでアメリカに来て働いているそうです。
あゆみさんのお話を聞いて、まだまだ世の中には自分の知らないことが
沢山あるので、もっとっもっと経験をつみたいと思いました。

img-index-phone-02-01.jpg

午後はBrigham and Women's Hospitalへ皆で行きました。
この病院はボストンでも有名な病院で、実際に現場で働いている4人の
専門薬剤師さん、レジデント2年目の薬剤師さん、実習に来ている
薬学生(6年生)から直接お話を聞くという貴重な体験ができました(●´▽`●)
この病院の薬剤師さんは患者さんと接するよりも薬の管理を行う仕事が
メインで、常にパソコンを持ち歩いて正しく薬がオーダーされているかの
チェックを行っていらっしゃいました。
また下の画像は日本では珍しいCarouselという機械で、メリーゴーランドの
様に回転して小スペースで大量の薬を保管することができます。

img-index-phone-02-02.jpg

夕食後、David先生が日本でも英語の勉強が出来るように、と特別に
英語の学習ゲームを紹介してくれました。

img-index-phone-02-03.jpg

これを使って日本に帰ってもしっかり英語の勉強をしたいと思います!!
また、Closing Ceremonyで各自卒業証書を頂きました。

img-index-phone-02-04.jpg

この2週間、普通では全く出来ないような経験を沢山させて頂きました。
この経験は必ず将来に生かしていきます!!!!
本当にこの海外研修に関わってくださった先生方、また神戸薬科大や
昭和ボストン校の職員の方々、お世話になった全ての方々に感謝いたします。

本当に本当にありがとうございました!!!!

ボストン研修10日目

キャンパスレポーター 2014年3月12日 12:42

3月11日 晴れ
担当はモカとみどりです!

今日は最後のDavid先生の英語の授業でした!
私たちは、この数日間で先生から英語を話す上での基礎的な知識や英語を
話す楽しさ、勉強の方法などをたくさん教えて頂きました!
David先生の授業がもう受けれないと思うととっても寂しいです(T_T)

そしてお世話になった先生とパシャリ(^○^)

img-index-photo-03-01.jpg

お昼ごはんをDavid先生を交えて食べ、それからリビングルームという
みんなが集まる場所でサンクスカードを書きました!

サンクスカードと言うのは、お世話になった施設の方に送るものなので、
もちろん英語です!!(゜゜)
みんな辞書を使ったり頭をひねって考えました!

それから、今日はWest Roxbury Pharmacyというローカルファーマシーを
訪問しました!

img-index-photo-03-02.jpg

皆さんが薬を貰う日本の薬局と同じような働きをするところですが、
お菓子や雑貨を売っていたり、と日本の薬局とは全く違った雰囲気でした。

調剤をする部屋の雰囲気も日本とは全く違い、調剤する人は私服で
部屋には音楽がかかっていました!!(゜゜)

img-index-photo-03-03.jpg

百聞は一見に如かずということで、アメリカでの薬の包装を見てください!

img-index-photo-03-04.jpg

見たこともない包装の仕方にびっくり!!

写真の様な紙とプラスチックで出来た物や、時間と曜日で区切られた
プラスチックケースを主に使うそうです。

また、薬局ではテクニシャンという調剤専門の方が処方箋を見て調剤を
行い、薬剤師二人が各々監査して薬が患者さんの手に渡るそうです。

この様な日本とアメリカの薬局の違いを目で見ることが出来たのは
とても貴重な体験だと思います!!
ということで、残すところ研修もあと1日となりました!!(゜゜)

明日も1日がんばりましょう\(^○^)/

そしてみなさん散らかしに散らかした部屋の荷物をトランクに頑張って
詰めましょう!笑

ボストン研修9日目

キャンパスレポーター 2014年3月11日 13:03

3月10日 雪
今日の担当は栗林と安田です。

午前中は9時から11時半までDavidの授業を受けました。

授業では薬剤師の仕事に関連する英単語やボストンの歴史について勉強しました。

午後はChristopher's havenを設立した Dan Olsenさんのお話を聞きました。

Christopher's havenとは遠くから外来治療を受けにきているガンの子ども達が、病院の近くで家族と一緒に住める場所です。これは寄付金をもとに運営されています。

Danさん自身3度の小児がんを乗り越え、同じように小児がんで苦しんでいる子どもたちが、家族と一緒に過ごすことで治療に専念できるように、この施設を立ち上げました。

Danさんはお話の中で、薬剤師として何がしたいのか、どんな夢をもっているか、を私たち一人ひとりに尋ね「どんな人でもできることがあるから、できることをやればいい」と熱くおっしゃいました。私たちも胸が熱くなり、自分の目指す道をまっすぐ突き進んで行こうと思いました。

0310 Christfer talk.jpg

0310 Christfer.jpg

We are stronger together!!