未来を創り、時代を担う
実力ある薬のプロフェッショナルを養成します

学長 北河 修治

学長 北河 修治

神戸薬科大学は、創立以来、社会に貢献できる人材の育成を目的とし、数多くの優れた薬剤師、研究者、専門職能人を社会に送り出してきました。近年、医療の高度化、チーム医療をはじめとする多職種連携協働の進展の中で、薬剤師を取り巻く環境は大きく変化し、実際の医療現場で求められる高度な専門性や、医薬品の適正使用に果たす役割と責任は増大しています。また高齢社会を迎え、健康への関心も高まっており、在宅医療分野やセルフ・メディケーション領域での、薬剤師への期待もますます大きくなっています。

このような社会的要請を背景として、実践的な薬剤師を輩出するための6年制薬学教育カリキュラムと教育環境の充実を推進しています。その中で本学の特徴でもある生涯研修の強化とともに英語教育、海外薬学研修などの国際教育の推進や国内外の大学・医療関連機関との連携など関連するさまざまな領域で教育環境の向上を進めてきました。

また社会のニーズにこたえるべく、研究についても一層のレベルアップに取組んでいます。本学は、「創学の精神」「大学の理念」を基盤として、高度な薬学の知識と技能の修得とともに、医療人としての人間性教育の充実や問題発見・解決能力の養成に努めており国際性を備え、これからの医療現場で活躍できる実践力を身につけた薬剤師、医薬品に係る幅広い領域で貢献できる薬のプロフェッショナルの養成を目指しています。

学長 北河 修治