博士課程(4年制)薬学研究科薬学専攻

4年制薬学専攻博士課程は、入学定員各学年3名(収容定員12名)で6年制教育課程卒業者のほか、医療現場での経験豊富な薬剤師などの社会人や留学生、他大学出身修士課程修了者も受け入れることを可能にしています。

臨床薬学コースと創薬・育薬コースの2コース制とし、臨床薬学コースでは医師、看護師などと協働のもと、薬物治療に積極的に参画することができる人材養成を目指します。このため、神戸大学医学部附属病院での2年間の長期臨床研修が可能な体制としました。創薬・育薬コースでは創薬・育薬分野において指導的立場でプロジェクトを遂行でき、自立して先端的薬学研究を展開できる人材養成を目指します。

この2コースの選択は入学時に行い、1年次に両コース学生は「薬学研究基盤形成教育」で、英語研究論文作成やレギュラトリーサイエンス、医薬情報評価、医薬統計、医療倫理について学びます。そして特論科目を受講するとともに所属する講座教員による指導のもとで薬学課題研究や薬学演習を進めます。年度末には総説講演を行うことで研究の進捗状況を発表し、4年目には学位論文発表を行い、審査のうえ博士(薬学)の学位が授与されます。

カリキュラム

*文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業

薬学研究基盤形成教育【1年次】

コース説明

がん専門薬剤師基盤育成コース

がん薬物療法において専門性を発揮できる人材へ

文部科学省事業(※1)において選定された「地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成」事業(※2)に参画。連携する近畿7大学で、がん専門薬剤師養成を行うため2013年に新設したコースです。がん薬物療法において専門性を発揮し、個々のがん患者に有効で安全な薬物投与、緩和ケアを行うことができる薬剤師、臨床研究成果を論文としてまとめる能力を有し、チーム医療の一員として患者、医療従事に貢献することができる人材の養成を目指します。

※1. 文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業

※2. 「地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成」事業 http://www.osaka-ganpro.jp/

臨床薬学コース

医師・看護師との協働の下、薬物治療に参画できる人材へ

医師、看護師などと協働の下、薬物治療に積極的に参画することができる人材養成を目指します。神戸大学医学部附属病院等での2年間の長期臨床研修が可能な体制を整えています。

創薬・育薬コース

先端的薬学研究を指導的立場からリードできる人材へ

創薬・育薬分野において指導的立場でプロジェクトを遂行でき、自立して先端的薬学研究を展開できる人材養成を目指します。