創学の精神

科学的素養を身につけ、
社会に貢献できる女子を育成し、
薬剤師資格を得て
社会で女子が自立できることを目的とする。

沿革

神戸女子薬学専門学校として設立認可を受けて以来、80年以上にわたって優れた薬剤師、研究者、専門職能人を社会に送り出してきました。これからも明日の医療を担う実力のある薬剤師、社会で活躍できる実践力を身につけた薬のスペシャリストの養成を目指します。

概要
1930年昭和5年 神戸女子薬学校設立
武庫郡魚崎町の旧魚崎小学校を仮校舎に開校
理学博士・医学博士 桂田冨士郎 校長に就任
1932年昭和7年 専門学校令による「神戸女子薬学専門学校」の設立認可
(認可 昭和7年3月29日
法人認可 昭和7年4月27日)
1935年昭和10年 本校舎(本館・実験室一棟、寄宿舎北寮)竣工
現在地に移転
1936年昭和11年 専門学校第1回生卒業
1949年昭和24年 神戸女子薬科大学の設置認可
大学第1回生入学
昭和24年 本館正面より
昭和24年 本館正面より
1951年昭和26年 専門学校最終学生(第17回生)卒業
1953年昭和28年 大学第1回生卒業
榎並記念研究所竣工
1958年昭和33年 2号館竣工
1961年昭和36年 3号館竣工
1965年昭和40年 衛生薬学科を増設
1967年昭和42年 大学院修士課程の開設認可
1号館改築完成竣工
昭和42年 現在の1号館施設
昭和42年 現在の
1号館施設
1968年昭和43年 6号館(体育館)竣工
1973年昭和48年 7号館(学生会館)竣工
1974年昭和49年 8号館(食堂、談話室)竣工
1975年昭和50年 実験室排水処理施設竣工
1977年昭和52年 4号館竣工
1979年昭和54年 大学院博士課程増設認可
1994年平成6年 神戸薬科大学に名称変更(男女共学)
平成4年 正面風景
平成4年 正面風景
1996年平成8年 5号館竣工
医療薬学総合研修センター開設
1999年平成11年 バイオサイエンスセンター開設
西宮グラウンド開設
2000年平成12年 10号館(神戸薬科大学ライフサイエンスセンター)竣工
2001年平成13年 大学院医療薬科学専攻修士課程開設認可
2002年平成14年 大学院医療薬科学専攻修士課程開設
2005年平成17年 収容定員増(6年制)認可
2006年平成18年 学部6年制教育開始
薬学基礎教育センター開設
2007年平成19年 薬剤師認定制度認証機構から「生涯研修プロバイダー」として認証
エクステンションセンター開設
薬学臨床教育センター開設
2008年平成20年 11号館竣工
学生支援センター開設
平成20年 11号館
平成20年 11号館
2009年平成21年 大学院薬学研究科薬科学専攻(修士課程)開設許可
2010年平成22年 大学院薬学研究科薬科学専攻(修士課程)開設
2011年平成23年 大学院薬学研究科薬学専攻(博士課程)設置届出受理
2012年平成24年 6年制初の卒業
大学院薬学研究科薬学専攻(博士課程)開設
平成25年 6号館
平成25年 6号館
2013年平成25年 80周年記念館(6号館)竣工
2017年平成29年 8号館(研究棟)竣工