神戸薬科大学の「海外薬学研修」情報のコーナーです。
アメリカ、ボストン、現地からのレポートをお届けします。

研修9日目~ MGH museumと地域薬局訪問 ~

キャンパスレポーター 2016年3月11日 13:34

310日木曜日 天気:雨         今日の担当はまゆ&いずぴんです。

あいにくの雨ですが、今日は訪問最終日ということで、みんな張り切って出発!

午前中にMGH museumEther Domeを見学し、

午後はWest Roxbury Pharmacyを訪問しました。

 MGHは非常に歴史のある病院で、John Collins WarenJames Jackson

より設立されました。1846年に初めてEther が麻酔薬として使われてたときの

吸入器やマスクなどが展示されており、当時から現在にかけての麻酔技術の歴史を

辿れるような資料がたくさんありました。

また私たちが一番興奮したのは、卓上の大きなディスプレイに映された

人体投影モデルです。これはヒトの血管、神経、リンパ、骨、筋肉、臓器など

内部の構造が細かく再現されており、人体を輪切りにして内部を見ることも可能です。

私たちの学校にもこのような装置があれば楽しく勉強できるのになあと思いましたが、

なかなかいいお値段するそうです。(笑)

scaner.jpg

 Ether Domeは先ほどの博物館で説明があったように、Ether が麻酔薬として初めて

手術に使用された場所です。MGH本館の最上階にあり、Domeまでは普通に病院内を通り、

院内のエレベーターに乗って向かいました(笑)。

Dome内部は手術が行われていた場所を囲うように座席が設置されており、

座席から手術の様子が見やすいような設計になっていました。

当時はこの絵のように行われていたようですが、今から考えたらびっくりですよね!

Ether dome.jpg

ether dome  2.jpg

 

West Roxbury Pharmacyは個人経営の薬局で、老人ホームやグループホームなどに

薬を配達するという独自の戦略によって経営されています。

こちらの薬局には薬剤師のほかに公認テクニシャンと認定テクニシャンがいらっしゃいます。

認定テクニシャンの方がレベルは高く、医師に電話で疑義照会もできます。

認定テクニシャンになるためには国家試験を受ける必要があるそうです!

また、見学中で特に印象に残ったのが、薬のパッケージングです。

Book型のものは右ページには日本でいう一包化のように一回分の錠剤をまとめることができ、

左ページには処方内容の説明書を貼り付けることができます。かさばらないし、

きれいで分かりやすいということで、老人ホームなどに配達する薬はこのように

パッケージングするのが今は主流だそうです。

Pharmacy.jpg

pharmacy 2.jpg

 

薬局訪問ではみんな活発に質問することができ、訪問最終日に相応しい一日となりました。

ボストンに滞在するのも残りわずかになってきましたが、最後まで気を引き締めて

みんな元気に日本に帰りたいと思います☆

 

研修8日目 ~ 感激と驚きの病院見学 ~

キャンパスレポーター 2016年3月10日 12:18

3月9日水曜日 天気:晴         担当はきょんきょん&ともこです!

今日は、最高気温が20℃近くまであがり脱コートをしました()!

 

午前中は、CM先生の最後の授業でした(T^T)

MGH の歴史を学んだあと、サプリメントについて学びました!

そこでなんと自分たちのサプリメントを作りました!!

 product.jpg

すぐ痩せてきれいになるサプリメントやテレポーレーションできるサプリメントなど

オリジナリティにあふれています☆

 

最後に午後に行うプレゼンテーションの確認をして授業は終了しました。

CM先生は本当に優しく、楽しく、深く教えてくださったので

よく理解することができました!

本当にありがとうございました!!!

集合写真(CM).jpg

 午後からはNewton-Wellesley Hospitalを訪問しました。

初めに神戸薬科大学や日本の薬学のシステムについての

プレゼンテーション(4日目のMCPHSと同じ)をし、

そこで薬剤師の方やMCPHSの学生と質疑応答を通して交流しました!

集合写真(NWH).jpg

 

その後病院内を案内していただきました。

見学.jpg

実際にORファーマシストの方にお会いすることができ、

とてもexcitingでした!!

また、ICUや循環器病棟の病室など、普段の見学では決して

見ることのできない場所も案内して頂き、とても勉強になりました!

ICU.jpg


明日はMGHの博物館と薬局に行きます。訪問は最後になるので、

積極的に質問をし多くのことを学びたいと思います!!!

 

 

研修7日目 ~ ボストンの伝統文化に触れる ~

キャンパスレポーター 2016年3月09日 13:27

3月8日 火曜日 天気;晴れ          担当は ぱおりん&らんらんです! 


今日はこれまでで一番暖かい陽気で、朝から寮の周りを散歩しました。

思いがけず、変わった大きな鳥(七面鳥?)に出くわしました(笑)

はじめは何か分からずびっくりしました!

七面鳥.jpg

 

そして、今日はボストン美術館へいきました!!

ヨーロッパ、アジア、アメリカ、現代アート、エジプト、

ギリシャ・ローマの美術まで幅広く網羅していて、中でも、

ヨーロッパ印象派のモネは一度は見ておくべきです。

モネ1.jpg

モネ2.jpg

その他にも、ターナー、ピカソ、ゴッホなど、一度は聞いたことのある

有名な画家の作品が、多くありどれも本当に興味深かったです。

さまざまな作品にふれて、感銘を受けました。

MFA.jpg

 

午後は、Genzymeというバイオテクノロジーの最先端である製薬企業の

本社を訪問しました。 世界トップ製薬企業なだけにエントランスから圧倒されました。

GENZYME1.jpg

Genzymeで働く人のモットーには、 eat / live/play/workがあるそうで、

オフィス内には、社員が快適に過ごせるような工夫と生産性の向上のための

工夫が沢山されていました。

例えば、アメリカでは普通、最上階は権力の象徴として、

重役のみ利用できますが、Genzymeでは、全ての従業員に

カフェテリアとして開放されていて、きれいなボストンの街を一望できます。

また、この会社では、世界中から集まった様々な国籍の人が働いていて、

私たちも招来頑張ってこのようなところで働きたいと思いました!

GENZYME2.jpg

その後は自由時間で、マサチューセッツ工科大学(MIT)へ行きました。

工科部門で世界一と言われる超エリート校のキャンパス内を歩くだけで

とても気分が高揚しました。

MIT 1.jpg

MIT 2.jpg

MITから見られるチャールズ川の眺めはちょうど夕日がさしていて

最高でした!!

CHrals river.jpg

明日はNewton-Wellesley  hospital pharmacyを訪問します!

残り少ないボストン生活を悔いの残らないように過ごします!!!