博士課程(4年制)

研究者として、新しい医薬品の誕生に関わりたい

薬学専攻(薬品化学講座)西田 唯香さん
神戸薬科大学
薬学部薬学科 卒業

研究の基礎を身につけるなら神戸薬科大学

6年間、神戸薬科大学で学び、教学環境の良さを実感していたことに加え、所属していた研究室で教授や先輩が手厚くサポートしてくださることから、「研究」の基礎を身につけるなら神戸薬科大学薬学研究科博士課程が良いと、進学を決めました。駅から歩いて通学できるロケーションももうひとつの決め手です。高台からの眺望は研究の疲れを癒してくれます。

学会発表や神戸大学との合同研究発表会で自分を磨く

博士課程の講義が充実しているので、大学で学んだことを基にして、新たに薬学を究めたい方にも、神戸薬科大学薬学研究科博士課程は適していると思います。頑張りを認めてくださる教授の下、学会発表の機会を多くいただいている上に、神戸大学と年2回の合同研究発表会があり、学内外を問わず、さまざまな研究者と刺激し合える環境も魅力です。

身につけたい「創薬研究」の力

学部では、広く薬学の知識を身につけてきました。これからは創薬研究者を目指して、創薬科学の専門知識と同時に研究者の基礎となる力を身につけたいと考えています。そのために、研究室での日々の勉強だけでなく学会やセミナー、合同研究発表会などでのディスカッションを通して、研究者としての思考力および薬学研究を展開する能力を向上させていきたいです。

学部時代からの研究テーマを突き詰める

学部時代から継続して、「新規C1炭素導入反応の開発」をテーマとして、創薬の基礎となる新規反応の開発や新規化合物の合成研究に取り組んでいます。私たちの開発した反応が、医薬品合成にも応用されることを期待しています。研究を通じて後輩たちとの絆も強くなり、彼らと一緒に新規医薬品のシード化合物創製に携わっていきたいと思います。

> 大学院入試日程へ

> 募集要項(大学院入試)

修士課程(2年制)

修士課程で専門性を磨き研究職を目指す

薬科学専攻(製剤学講座)吉本 晃一さん
岐阜薬科大学
薬学部薬科学科 卒業

研究職を目指し、修士課程へ

幼いころから薬に興味を持ち、薬科学科に進んだ私は、研究職を目指すなら大学院に進むべきという先輩からの助言もあり、大学院への進学を目指しました。4年制薬学部卒業後に進学できる修士課程を置き、歴史があり教育内容に定評のある神戸薬科大学薬学研究科修士課程へ進学しました。

少人数制の充実した学び

大学院の授業は少人数で行われていることもあり、とても内容の濃い充実した授業に満足しています。また、わからないことは、その場で質問でき、先生との距離の近さも感じられます。神戸大学の講義も受けることができ、著名な先生方の貴重なお話を間近で聞いて刺激を受けています。

学びをサポートする各種制度

奨学金や、ティーチングアシスタントなど、進学後のサポート制度が充実していることも魅力でした。授業料が奨学金で支援されるだけでなく、学部生の実習を支えることで、手当てを得ることができます。大学が持つ制度を生かした経済的なサポートを受けて、学ぶことに集中できます。

製剤開発の研究職を目指す

現在、製剤学講座に所属し、そこで製剤分野に出合いました。この分野の研究職を目指しています。大学時代は分子生物系の研究をしていたため、専門的な学びは一からのスタートになりますが、他分野の研究をしていたからこそ、違うものの見方、新しい発想ができるのではないかと思っています。実際に、異なるアプローチの提案をするなど、楽しみながら研究活動を行っています。

> 大学院入試日程へ

> 募集要項(大学院入試)

入学試験に関するお問い合わせ

お問い合わせ

[神戸薬科大学入試部入試課]

〒658-8558 兵庫県神戸市東灘区本山北町4-19-1

TEL 078-441-7691(入試課直通) FAX 078-441-7693(入試課直通)