概要

がんプロフェッショナル養成プランについて

がんプロフェッショナル養成プランでは、複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための拠点を構築することを目的としています。これにより、高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人を育成し、わが国のがん医療の向上を推進していきます。

がんプロフェッショナル養成プランの役割

がんプロフェッショナル養成プランは、大阪大学、兵庫県立大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、京都府立医科大学、大阪薬科大学、神戸薬科大学の近畿7大学で構成されています。本プログラムでは、近畿の7大学が特徴を活かして連携することにより、チーム医療を推進できるがん専門医療者を育成し、地域におけるがん医療の向上を図ります。

神戸薬科大学の案内