医療を、薬学を究めるための臨床教育棟 これからの薬剤師を目指すために、もっとも重要ともいえる臨床教育。神戸薬科大学では、臨床教育施設の充実に力を入れています。

主な施設

教育・研究施設

11号館 薬学臨床教育センター・情報支援室
11号館 薬学臨床教育センター・情報支援室

11号館 薬学臨床教育センター・情報支援室

6年制薬学教育の根幹である臨床教育を支える薬学臨床教育センターを11号館に設置し、薬のスペシャリストを育てる実践的な教育環境を実現しています。4年次の実務実習事前教育、そして薬学共用試験OSCE(Objective Structured Clinical Examination)・CBT(Computer-Based Testing)に対応しています。

施設概要
[薬学臨床教育センター]
調剤室、模擬薬局、注射剤調製室、試験室、医薬品情報室、第1演習室、第2演習室
[情報支援室]
コンピュータ演習室A・B・C、情報支援室(パブリックルーム)

薬学臨床教育センター

模擬薬局
模擬薬局

模擬薬局

病院薬剤部、保険薬局とほぼ同等の設備を11号館に設置しています。受付から服薬指導にいたる一連の業務をここで実習することができます。コンピュータが置かれた大きなカウンター、カルテ戸棚、一般用医薬品を陳列する商品戸棚、掲示板、パンフレットスタンド等を配備して臨場感のある環境を実現しています。

服薬指導
服薬指導
服薬指導
服薬指導
調剤室
調剤室

調剤室

散薬の飛散防止のために小型集塵器を取付けた散薬台、水剤台、軟膏台、麻薬金庫内蔵シャッター付き錠剤台、シャッター付き外用台、鑑査台等を設置しています。また、散薬鑑査システム、小型散薬分包機(10台)、自動分包機なども備え、様々な調剤実習に対応可能です。

計数調剤
計数調剤
計量調剤
計量調剤
注射剤調製室
注射剤調製室

注射剤調製室

準備室に16名同時に手洗いができる流し台を設置し、注射剤調製室には学生用のクリーンベンチ18台と指導用の大型クリーンベンチと安全キャビネットを設置しています。注射剤・点滴などの調剤を無菌環境で安全に調製する方法を学びます。

無菌調剤
無菌調剤
試験室
試験室

試験室

試験室には、最新鋭の血中薬物濃度検査システムを設置しています。これを用いて模擬血清試料の血中薬物濃度をモニターし、データ解析を行うことで患者個々の適正な薬物投与設計を行います。

医薬品情報室

医薬品情報室には、医療関係者や患者等に対して情報提供するために必要な書籍や資料を備えています。また、各種データベースにアクセスできるコンピュータも設置しています。

第1演習室・第2演習室
第1演習室

第1演習室・第2演習室

議論を進めやすいレイアウトを可能にする可変式の変形机をベースに少人数制の対話式授業に対応しています(第1演習室)。本学が推進するアクティブ・ラーニングに適した施設です。
また、持ち込みの録画装置にて授業風景を手軽に記録できるAV環境を整備しています。

情報支援室

コンピュータ演習室
コンピュータ演習室

コンピュータ演習室

高度な情報社会で活躍できる薬剤師・研究者も育むため、目的別に利用できる3つの演習室に、専門性の高いアプリケーション等を組込んだコンピュータ利用環境を整えています。演習室Aには110台、演習室Bには51台のデスクトップ型コンピュータを備え、ITを活用した演習を行うとともに、薬学共用試験CBTに対応しています。演習室Aは広い教室をカバーするために150インチスクリーンを2面、そして2名につき1台の中間モニタを設置しています。演習室Cでは講義の録画が可能です。

情報支援室 パブリックルーム
情報支援室 パブリックルーム

情報支援室 パブリックルーム

学生が自由にネットワーク・コンピュータを利用しながら、学術論文の検索などの課題に取組むことができます。
リラックスチェアも配置して、友達と勉学にいそしめる開放的な空間にしています。