病院薬剤師

山地 優依子

患者さんからの感謝の言葉をやりがいに

大阪赤十字病院
薬剤部

山地 優依子さん

2014年3月卒
兵庫県 小林聖心女子学院高校出身

薬が安全かつ適切に使用されるよう、入院患者さんの薬のチェックや服薬指導を行っています。「薬剤師さんの説明を聞いてよくわかったわ。ありがとう」という患者さんの声が何よりのやりがいです。また、国内の災害救護活動及び海外の人道支援活動に出動し、薬の専門家として薬物治療をサポートしています。今後も自身の専門性を磨くとともに、よりよい支援を行うために、平時から学会や研修会を通して他の支援団体とのつながりを広げていきたいと考えています。

病院薬剤師(公務員)

直 朋弘

救急の専門性を高めて地元に貢献していく

兵庫県立尼崎総合医療センター
薬剤部

直 朋弘さん

2016年3月卒
兵庫県立明石清水高校出身

地元に貢献したいと公務員を志望しました。現在は公立病院に配属され、救命集中治療室での薬剤管理指導のほか、感染制御チーム・抗菌薬適正使用支援チームでの業務や医薬品発注などを担当。救急では、意識障害で会話が難しい患者さんの薬剤情報をお薬手帳などから読み取り、医師に提供しています。大学で学んだ薬理学・機能形態学・病態学の知識と傾聴の姿勢を生かして、チーム医療のもと、患者さんの治療に貢献できることが仕事の醍醐味です。今後は専門性を高め、救急認定薬剤師の資格を取得したいと考えています。

ドラッグストア薬剤師

五十川 槙子

地域の人々に信頼される薬剤師になりたい

株式会社スギ薬局
スギ薬局 三宮旭通店

五十川 槙子さん

2017年3月卒
三重県 セントヨゼフ女子学園高校出身

店舗内で調剤業務のほか、お客様への服薬指導や市販のOTC医薬品の販売を行っています。大学の授業はもちろん、塾講師などのアルバイト経験は接客の際に生きています。幅広いOTC医薬品の知識を学ぶのは楽しいですし、その知識を生かして薬の専門家としてお客様のご相談に応えていくことが喜びです。今の目標は、地域密着型の薬局としてお客様と深い関係を築き、一人ひとりの服薬状況を把握すること。そしてお客様に信頼される薬剤師になりたいです。

CRA

小森 莉彩

新薬を1日でも早く患者さんに届けたい

シミック株式会社
臨床開発部

小森 莉彩さん

2014年3月卒
兵庫県 神戸女学院高等学部出身

新薬の実用化に必要な治験データを収集する臨床開発モニター(CRA)として、これまでに多くの大型プロジェクトに参加しています。訪問先で医師やコ・メディカル、治験コーディネーター(CRC)など幅広い人々と接することが楽しいですし、1日でも早く患者さんに新薬を届けたいという使命感にやりがいを感じています。CRAは、大学時代にインターンシップに参加して、薬学の知識を発揮できるうえ、ライフスタイルに合わせた働き方ができると選んだ進路です。現在育児休暇中ですが、復職後は担当薬剤を1日も早く患者さんに届けられるよう、育児と両立しながら日々奮闘したいです。

企画開発職

樗木 真帆

人々を笑顔にする商品を生み出したい

ロート製薬株式会社
プロダクトマーケティング部

樗木 真帆(おおてき まほ)さん

2012年3月卒
福岡県立筑紫高校出身

大学時代の長期実務実習で担当した、ある女性のがん患者さんとの出会いから、人の気持ちを前向きにできる商品に携わりたいという思いが強くなり、進路を決めました。現在は、検査薬や胃腸薬、食品などの企画・開発のほか、マーケティング業務も行っています。こうした商品には、処方や作用機序(※1)などのエビデンス(※2)が必要です。薬学の知識があるからこそ、幅広い企画提案を行うことができると感じています。当社は海外での商品展開も行っています。将来的には、大学時代に培った英語とスペイン語を生かして、初心を忘れず、世界中の人々を笑顔にする商品を生み出していきたいと思います。

※1 薬が生体に作用を現す仕組み ※2 科学的根拠

MR

山村 翔太

医薬品の情報提供で臨床現場に貢献する

日本イーライリリー株式会社
北日本支店 糖尿病・成長ホルモン領域

山村 翔太さん

2016年3月卒
大阪府 桃山学院高校出身

山形市内の病院やクリニックを訪問し、医師をはじめとする医療関係者へ自社医薬品の情報提供を行っています。訪問先で、「あなたの情報が役に立った」と言っていただけることが仕事の醍醐味です。薬の構造式や併用薬について尋ねられることも多く、学術論文や文献を読むことは欠かせません。これらを読む力は所属した研究室で丁寧に教わりました。医師と疾患をベースとした話ができるのも、在学中に培った薬学の知識のおかげと感謝しています。

大学院進学

甘中 健登

がん治療製剤の開発を通じて研究力を磨く

神戸薬科大学大学院
薬学研究科薬学専攻 博士課程

甘中 健登さん

2018年3月卒
兵庫県立小野高校出身

大学では仲間と励まし合いながら勉強に取り組むなど、充実した6 年間でした。将来、研究職を目指しているため、大学院進学を決意。研究室では、薬を身体内の適切な部位へ効率よく届けるDDS(ドラッグ・デリバリー・システム) 製剤の開発を行っています。学部時代に基本的な製法ができたので、今後は効率性の向上やマウス実験に取り組む予定。臨床現場に貢献できるテーマですし、自分の努力次第で専門的な世界が深まっていくところに研究の魅力を感じています。

学部入試に関するお問い合わせ、資料請求

  • お問い合わせ
  • 資料請求

[神戸薬科大学入試部入試課]

〒658-8558 兵庫県神戸市東灘区本山北町4-19-1

TEL 078-441-7691(入試課直通) FAX 078-441-7693(入試課直通)