神戸薬科大学  薬品物理化学研究室

論文 <2021>

  • Mol. Imaging Biol. 2021, https://doi.org/10.1007/s11307-021-01580-6
    Evaluation of Optimal Post-Injection Timing of Hypoxic Imaging with 18F-Fluoromisonidazole-PET/CT.
    Kawamura M., Yoshimura M., Shimizu Y., Sano K., Ishimori T., Nakamoto Y., Mizowaki T., Hiraoka M.

  • Free Radic. Biol. Med. 2021, 163, 297-305
    A Radioiodinated Nitroxide Probe with Improved Stability against Bioreduction for In Vivo Detection of Lipid Radicals.
    Azuma R., Yamasaki T., Sano K., Munekane M., Matsuoka Y., Yamada K., Mukai T.

  • Ann. Nucl. Med. 2021, 35(3), 397-405
    Diagnostic performance of 68Ga-DOTATOC PET/CT in tumor-induced osteomalacia.
    Kato A., Nakamoto Y., Ishimori T., Hayakawa N., Ueda M., Temma T., Sano K., Shimizu Y., Saga T., Togashi K.

  • Biol. Pharm. Bull. 2021, 44(3), 410-5
    Radiolabeled self-assembled nanoparticle probe for diagnosis of lung-metastatic melanoma.
    Tanaka T., Sano K., Munekane M., Yamasaki T., Sasaki H., Mukai T.

  • Sci. Rep. 2021, 11, 7451
    Preseismic atmospheric radon anomaly associated with 2018 Northern Osaka earthquake.
    Muto J., Yasuoka Y., Miura N., Iwata D., Nagahama H., Hirano M., Ohmomo Y., Mukai T.

  • J. Fluoresc. 2021, 31(4), 1161-7
    Selective Cadmium Fluorescence Probe Based on Bis-heterocyclic Molecule and its Imaging in Cells.
    Hagimori M., Karimine Y., Mizuyama N., Hara F., Fujino T., Saji H., Mukai T.

  • Photodiagnosis Photodyn. Ther. 2021, 35, 102402
    Electrostatically self-assembled gold nanorods with chondroitin sulfate for targeted photothermal therapy for melanoma.
    Sano K., Miki M., Tanaka T., Munemura M., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.

  • Front Endocrinol. 2021, 12, 717101
    First-in-Human Evaluation of Positron Emission Tomography/Computed Tomography With [18F]FB(ePEG12)12-Exendin-4: A Phase 1 Clinical Study Targeting GLP-1 Receptor Expression Cells in Pancreas.
    Fujimoto H., Fujita N., Hamamatsu K., Murakami T., Nakamoto Y., Saga T., Ishimori T., Shimizu Y., Watanabe H., Sano K., Harada N., Nakamura H., Toyoda K., Kimura H., Nakagawa S., Hirai M., Murakami A., Ono M., Togashi K., Saji H., Inagaki N.

  • ACS Appl. Polym. Mater. 2021, 3(10), 4889-4895
    Development of a poly(2-ethyl-2-oxazoline)-based fluorescence imaging probe targeting folate receptor in tumor tissues.
    Sano K., Suzuno N., Bao L., Haratake Y., Kijima K., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.

  • Cancers (Basel) 2021, 13(19), 5005
    Enhanced Delivery of Thermoresponsive Polymer-Based Medicine into Tumors by Using Heat Produced from Gold Nanorods Irradiated with Near-Infrared Light.
    Sano K., Ishida Y., Tanaka T., Mizukami T., Nagayama T., Haratake Y., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.

  • J. Ginseng Res. 2021 in press
    Enhancing effect of Panax ginseng on Zip4-mediated zinc influx into the cytosol.
    Ikeda Y., Munekane M., Yamada Y., Kawakami M., Amano I., Sano K., Mukai T., Kambe T., Shitan N.

  • Antioxid. Redox Signal. 2021 in press
    Redox monitoring in nuclear medical imaging.
    Yamasaki T., Sano K., Mukai T.

学会発表(国際学会)<2021>

  • eSRS 2021, Online, May 17-19, 2021
    A novel radioiodinated probe for diagnosis of systemic amyloidosis based on thioflavin-T and Congo-red hybrid structure.
    Haratake Y., Sano K., Tsuchiya M., Minaki K., Munekane M., Yamasaki T., Hagimori M., Mukai T.

  • eSRS 2021, Online, May 17-19, 2021
    Development of discoidal phospholipid bilayer nanoparticles with styrene maleic acid copolymer for diagnosis and therapy of intractable cancers.
    Munekane M., Yamaguchi W., Sano K., Yamasaki T., Tanaka M., Mukai T.

  • eSRS 2021, Online, May 17-19, 2021
    Development of a radiolabeled self-assembled nanoparticles as an imaging probe for CD44-expressing tumors.
    Tanaka T., Sano K., Munemura M., Hagimori M., Moriyama R., Yamamoto A., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.

  • SNMMI 2021, Online, June 11-15, 2021
    Development of In-111-labeled niosomes for evaluation of pharmacokinetics of the niosomes.
    Munekane M., Kosugi A., Kannaka K., Sano K., Yamasaki T., Ogawara KI., Mukai T.

  • SNMMI 2021, Online, June 11-15, 2021
    Internal radiotherapy of tumors using radiolabeled thermoresponsive polymers via self-aggregation under hyperthermic conditions.
    Sano K., Mizukami T., Tanaka T., Takahashi K., Haratake Y., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.

  • CRS 2021 Virtual Annual Meeting, Online, July 25-29, 2021
    In vivo evaluation of drug release via inverse electron demand Diels-Alder reactions in the liposomal membrane.
    Kannaka K., Sano K., Munekane M., Yamasaki T., Hagimori M., Mukai T.

  • ISMAR APNMR NMRSJ SEST 2021, Online, Aug 22-27, 2021
    Effect of Relative Configuration at C2 and C4 position of TEMPO-type Nitroxide on Ascorbate Reduction.
    Azuma R., Yamasaki T., Sano K., Munekane M., Mukai T.

  • ISMAR APNMR NMRSJ SEST 2021, Online, Aug 22-27, 2021
    Substituent Effect of Benzene Ring at C2 Position of TEMPO-type Nitroxide for Ascorbate Reduction and Redox Potential.
    Yamasaki T., Matsuda Y., Sano K., Munekane M., Mukai T.

  • CJKSRS2021, Seoul (Online), Nov 12, 2021
    Internal radiotherapy of tumors using radiolabeled polymers that thermoresponsively self-aggregate under hyperthermic conditions.
    Sano K., Mizukami T., Tanaka T., Takahashi K., Haratake Y., Munekane M., Yamasaki T., Mukai T.
    Young Investigator Award

学会発表(国内学会)<2021>

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月27日
    In-111標識Span 20ニオソームの作製と体内動態評価
    小杉 亜佐実,宗兼 将之,甘中 健登,佐野 紘平,山﨑 俊栄,大河原 賢一,向 高弘

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月28日
    がんの質的診断に資するヘパラナーゼ標的放射性ヨウ素標識薬剤の開発
    小平 美優,佐野 紘平,岡林 真由,香西 竜郎,西山 詩乃,濵田 夏海,原武 芳江,宗兼 将之,山﨑 俊栄,灘中 里美,北川 裕之,萩森 政頼,向 高弘

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月28日
    水溶性ポリマーPOEGMAのがん診断用薬剤キャリアとしての有効性評価:ポリマーの物理化学的特性が体内動態に与える影響
    梅本 晃暉,佐野 紘平,三浦 悠,大野 哲史,岩田 匡平,田中 寿枝,宗兼 将之,山﨑 俊栄,チッテリオ ダニエル,蛭田 勇樹,向 高弘

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月28日
    アルコキシアミンの結合開裂反応におけるニトロキシド部分構造の置換基効果の検討
    山﨑 俊栄,坂本 麻緒,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月29日
    生体内カドミウムの検出を目的とした蛍光プローブの開発
    原 史子,水山 奈央子,藤野 毅,佐治 英郎,向 高弘,萩森 政頼

  • 日本薬学会第141年会,広島(オンライン),2021年3月29日
    α位置換基にベンゼン環を含むTEMPO型ニトロキシドの還元反応性の評価
    松田 優斗,山﨑 俊栄,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 核医学診断・治療のためのRI利用推進シンポジウム-64Cu・67Cu:各種製造と治療薬創製の展望-,オンライン,2021年5月20日
    がんの核医学治療に資する小線源型放射性薬剤の開発
    佐野紘平

  • 第37回日本DDS学会学術総会,千葉(ハイブリッド),2021年6月29日
    生体直交型化学反応を介した薬物放出制御型リポソーム製剤の開発-放出に関するインビボ評価-
    甘中健登,佐野紘平,宗兼将之,山﨑俊栄,萩森政頼,向 高弘

  • 第4回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会,オンライン,2021年9月25日
    脂質ラジカルを選択的に検出する放射性プローブの開発と脳虚血/再灌流モデルでの評価
    東 里沙,山﨑俊栄,佐野紘平,宗兼将之,向 高弘

  • 第80回日本癌学会学術総会,横浜(オンライン),2021年9月30日
    がんの性状鑑別診断に資するヘパラナーゼ標的放射性ヨウ素標識プローブの開発
    佐野紘平,宗兼将之,山﨑俊栄,向 高弘

  • 第80回日本癌学会学術総会,横浜(オンライン),2021年10月2日
    がん治療用DDSキャリアとしてのニオソームの評価
    宗兼将之,甘中健登,佐野紘平,山﨑俊栄,大河原賢一,向 高弘

  • 第80回日本癌学会学術総会,横浜(オンライン),2021年10月2日
    生体直交型反応による薬物放出を可能とする抗がん剤内封リポソーム製剤の開発
    甘中健登,佐野紘平,宗兼将之,山﨑俊栄,向 高弘
    JCA若手研究者ポスター賞受賞

  • 第71回日本薬学会関西支部大会,オンライン,2021年10月9日
    脂質ラジカルを生体検出する放射性プローブの開発 ―脳虚血再灌流モデルマウスでの評価―
    山﨑俊栄,東 里沙,佐野紘平,宗兼将之,向 高弘

  • 第71回日本薬学会関西支部大会,オンライン,2021年10月9日
    関節リウマチの診断、治療に資する蛍光色素標識酸化鉄ナノ粒子の開発
    木島洸平,佐野紘平,片岡若菜,鳥井みよ,八巻耕也,小山 豊,佐々木直人,田中 亨,力武良行,宗兼将之,山﨑俊栄,向 高弘
    優秀ポスター発表賞受賞

  • 第71回日本薬学会関西支部大会,オンライン,2021年10月9日
    生体内亜鉛の検出を目的としたレシオ変化型蛍光プローブの開発
    原 史子,水山奈央子,藤野 毅,佐治英郎,向 高弘,萩森政頼

  • 第71回日本薬学会関西支部大会,オンライン,2021年10月9日
    ニンジン抽出物が有する細胞内への亜鉛取込み促進作用 -亜鉛欠乏症を改善しうる生薬・成分の探索-
    川上瑞生,池田義人,宗兼将之,山田泰之,佐野紘平,向 高弘,神戸大朋,士反伸和

  • 第1回トランスポーター研究会関西部会,オンライン,2021年10月30日
    ニンジン含有成分による亜鉛トランスポーターZip4発現誘導を介した細胞内亜鉛取込み促進作用
    川上瑞生,池田義人,宗兼将之,山田泰之,佐野紘平,向 高弘,神戸大朋,士反伸和

  • 第61回日本核医学会学術総会,名古屋,2021年11月4日
    CD44を標的とする111In標識ヒアルロン酸被覆自己組織化ナノ粒子の開発
    田中寿枝,佐野紘平,宗村真美亜,森山理央,千石梓,宗兼将之,山﨑俊栄,萩森政頼,向 高弘

  • 第61回日本核医学会学術総会,名古屋,2021年11月4日
    脳虚血再灌流障害と脂質ラジカルとの関連性解明に向けた放射性プローブの開発
    東 里沙,山﨑俊栄,佐野紘平,宗兼将之,向 高弘

  • 第61回日本核医学会学術総会,名古屋,2021年11月4日
    がんの内用療法に資する薬物放出制御型リポソーム製剤の開発
    甘中健登,佐野紘平,宗兼将之,山﨑俊栄,萩森政頼,向 高弘

  • 第61回日本核医学会学術総会,名古屋,2021年11月4日
    核医学診断・治療薬の母体としてのニオソームの有用性評価
    宗兼将之, 小杉亜佐実,甘中健登,佐野紘平,山﨑俊栄,大河原賢一,向 高弘

  • 第64回日本脳循環代謝学会学術集会,岐阜(オンライン),2021年11月13日
    生体内脂質ラジカルを追跡するための放射性プローブの開発および一過性脳虚血モデルを用いた評価
    東 里沙,山﨑俊栄,佐野紘平,宗兼将之,向 高弘

  • 膜シンポジウム2021,オンライン,2021年11月17日
    ニンジン抽出物が有する亜鉛トランスポーターZip4発現誘導を介した細胞内亜鉛取込み促進作用
    池田義人、川上瑞生、宗兼将之、山田泰之、佐野紘平、向 高弘、神戸大朋、士反伸和

お問い合わせ

住所

〒658-8558
兵庫県神戸市東灘区本山北町4-19-1

TEL
078-441-7540
FAX
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp
(@を半角に変換してください)

ページのトップへ戻る