神戸薬科大学  薬品物理化学研究室

論文 <2015>

  • Dyes Pigm. 2015, 103, 205-209
    A low-molecular-weight fluorescent sensor with Zn2+ dependent bathochromic shift of emission wavelength and its imaging in living cells
    Hagimori M., Mizuyama N., Tominaga Y., Mukai T., Saji H.

  • J. Environ. Radioact. 2015, 139, 149-153
    Normal seasonal variations for atmospheric radon concentration: A sinusoidal model
    Hayashi K., Yasuoka Y., Nagahama H., Muto J., Ishikawa T., Omori Y., Suzuki T., Homma Y., Mukai T.

  • Sens. Act. B. 2015, 213, 45-52
    A high-affinity fluorescent Zn2+ sensor improved by the suppression of pyridine-pyridone tautomerism and its application in living cells
    Hagimori M., Temma T., Mizuyama N., Uto T., Yamaguchi Y., Tominaga Y., Mukai T., Saji H.

  • J. Environ. Radioact. 2015, 146, 110-118
    Annual variation in the atmospheric radon concentration in Japan
    Kobayashi Y., Yasuoka Y., Omori Y., Nagahama H., Sanada T., Muto J., Suzuki T., Homma Y., Ihara H., Kubota K., Mukai T.

  • J. Hot Spring Sci. 2015, 64, 402-408
    Measuring radon in high humidity air using anhydrous
    Mori Y., Omori Y., Yoshimura H., Maeda A., Yamamoto M., Nishinaka T., Ishikawa T., Wakabayashi A., Yasuoka Y.

  • Bioorg. Med. Chem. 2015, 23, 6807-6814
    Isomeric methoxy analogs of nimesulide for development of brain cyclooxygenase-2 (COX-2) imaging agent: synthesis, in vitro COX-2-inhibitory potency, and cellular transport properties
    Yamamoto Y., Hisa T., Arai J., Saito Y., Yamamoto F., Mukai T., Ohshima T., Maeda M., Ohkubo Y.

  • Langmuir 2015, 31, 12719–12726
    Preparation and characterization of reconstituted lipid–synthetic polymer discoidal particles
    Tanaka M., Hosotani A., Tachibana Y., Nakano M., Iwasaki K., Kawakami T., Mukai T.

学会発表(国際学会)<2015>

  • 2015 World Molecular Imaging Congress, Honolulu
    A radiolabeled fluorescent nanoprobe electrostatically assembled with hyaluronic acid for tumor-targeted nuclear and optical imaging
    Hagimori M., Sengoku A., Mukai T.

  • 2015 World Molecular Imaging Congress, Honolulu
    Wavelength shifting Zn2+ probe based on pyridine–pyridone core structure
    Hagimori M., Mizuyama N., Saji H., Mukai T.

学会発表(国内学会)<2015>

  • 日本薬学会第135年会, 神戸
    アポE由来ペプチドを基盤とする脂質ナノディスクの腫瘍細胞への集積性評価
    長谷川 真理子, 田中 将史, 向 高弘
    優秀発表賞受賞

  • 日本薬学会第135年会, 神戸
    NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1(NQO1)標的放射性薬剤-安定性の向上を目指した電子供与基の導入
    杉本 理紗, 萩森 政頼, 吉川 麻衣, 向 高弘
    優秀発表賞受賞

  • 日本薬学会第135年会, 神戸
    AlphaGUARDを用いた低レベルラドン濃度測定の検討
    田中 綾, 南 のどか, 安岡 由美, 飯本 武志, 大森 康孝, 向 高弘

  • 日本膜学会第37年会, 東京
    リン脂質-合成高分子複合ナノ粒子の調製と物性評価
    田中 将史, 細谷 晃, 橘 由香, 向 高弘

  • 第25回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 長崎
    葉酸受容体を標的とする111In標識自己組織化ナノ粒子の開発
    平尾 采美, 萩森 政頼, 井上 彩, 向 高弘

  • 第25回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 長崎
    リン脂質-合成高分子複合ナノ粒子の111In標識の検討とマウス体内動態の評価
    細谷 晃, 田中 将史, 向 高弘

  • 第25回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 長崎
    自己組織化による111In標識ヒアルロン酸被覆ナノ粒子の作製とがん細胞への集積性の検討
    千石 梓, 萩森 政頼, 向 高弘

  • 第31回日本DDS学会学術集会, 東京
    自己組織化による消光現象を利用したがんイメージング用蛍光ナノプローブの開発
    萩森 政頼, 千石 梓, 向 高弘

  • 日本保健物理学会第48回研究発表会, 東京
    日本における大気中ラドン濃度の平年変動について
    南 のどか, 小林 由布香, 安岡 由美, 大森 康孝, 長濱 裕幸, 武藤 潤, 真田 哲也, 鈴木 俊幸, 本間 好, 井原 勇人, 久保田 和人, 向 高弘

  • 日本保健物理学会第48回研究発表会, 東京
    PICO-RAD測定器を用いた空気中ラドン濃度測定の検討
    若林 亜希子, 安岡 由美, Mirek Janik, 福堀 順敏, 森 康則, 向 高弘

  • 第3回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    SAA-HDLモデル粒子の作製および脂質存在下でのアミロイド線維形成評価
    高瀬 ひろか, 田中 将史, 中村 友紀, 山田 俊幸, 向 高弘
    学術奨励賞受賞

  • 第3回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    全身性アミロイドーシスの核医学イメージングを目指した放射性ヨウ素標識化合物の開発
    萩森 政頼, 平野 優里, 山内 健生, 向 高弘

  • 第1回AASAA(AAアミロイドーシスと血清アミロイドA)研究会, 東京
    SAAの構造特性
    田中 将史

  • 第15回放射性医薬品・画像診断薬研究会,京都
    生命現象・病態イメージングを目指した蛍光プローブの開発
    萩森 政頼, 佐治 英郎, 向 高弘

  • 第15回放射性医薬品・画像診断薬研究会,京都
    イメージング担体への応用を目指した脂質ナノディスクの作製と評価
    細谷 晃, 田中 将史, 向 高弘

  • 第65回日本薬学会近畿支部大会, 富田林
    AAアミロイドーシスの発症機構の解明を目指した物理化学的研究
    高瀬 ひろか, 田中 将史, 向 高弘

  • 第65回日本薬学会近畿支部大会, 富田林
    脂質-スチレンマレイン酸共重合体ナノディスクの薬物キャリアとしての有用性評価
    細谷 晃, 田中 将史, 向 高弘

  • 第65回日本薬学会近畿支部大会, 富田林
    蛍光性ベンゾチアゾール誘導体の合成及びアミロイドタンパク質に対する選択性の評価
    舩崎 彩, 村本 華奈子, 萩森 政頼, 向 高弘

お問い合わせ

住所

〒658-8558
兵庫県神戸市東灘区本山北町4-19-1

TEL
078-441-7540
FAX
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp
(@を半角に変換してください)

ページのトップへ戻る