神戸薬科大学  薬品物理化学研究室

論文 <2019>

  • Ann. Nucl. Med. 2019, 33, 55-60.
    Clinical feasibility of early scanning after administration of 68Ga-DOTATOC.
    Nakamoto Y., Ishimori T., Sano K., Shimizu Y., Togashi K.

  • Chem. Phys. Lipids. 2019, 221, 8-14.
    Effects of lipid composition on the structural properties of human serum amyloid A in reconstituted high-density lipoprotein particles.
    Takase H., Tanaka M., Nakamura Y., Morita S., Yamada T., Mukai T.

  • Radioisotopes. 2019, 68(5), 317-329.
    Derivation and validity evaluation of calibration factors for activated-charcoal radon collectors.
    Wakabayashi A., Yasuoka Y., Janik M., Nagahama H., Fukuhori N., Mori Y., Arai Y., Fujii S., Mukai T.

  • Sensors (Basel) 2019, 19(9), 2049-2060.
    Synthesis of a novel pyrazine–pyridone biheteroaryl-based fluorescence sensor and detection of endogenous labile zinc ions in lung cancer cells.
    Hagimori M., Taniura M., Mizuyama N., Karimine Y., Kawakami S., Saji H., Mukai T.

  • ACS Appl. Polym. Mater. 2019, 1(5), 953-958.
    Development of Cancer-Targeted SPECT/Fluorescence Dual Imaging Probe Based on Polyoxazoline.
    Sano K., Bao L., Suzuno N., Kannaka K., Yamasaki T., Munekane M., Mukai T.

  • Bioorg. Med. Chem. 2019, 27(10), 1942-1951.
    Chemical modifications of imidazole-containing alkoxyamines increase C–ON bond homolysis rate: effects on their cytotoxic properties in glioblastoma cells.
    Yamasaki T., Buric D., Chacon C., Gérard A., Braguer D., Marque S. R. A., Carré M., Brémond P.

  • Mol. Imaging Biol. 2019, 21(3), 519-528.
    Evaluation of the relationship between cognitive impairment, glycometabolism, and nicotinic acetylcholine receptor deficits in a mouse model of Alzheimer's disease.
    Matsuura Y., Ueda M., Higaki Y., Sano K., Saji H., Enomoto S.

  • Eur. J. Nucl. Med. Mol. Imaging. 2019, 46(7), 1524-1530.
    Clinical utility of 68Ga-DOTATOC positron emission tomography for recurrent renal cell cancinoma.
    Nakamoto Y., Ishimori T., Shimizu Y., Sano K., Togashi K.

  • Biol. Pharm. Bull. 2019, 42(8), 1376-1383.
    Preparation of lipid nanodisks containing apolipoprotein E-derived synthetic peptides for biocompatible delivery vehicles targeting low-density lipoprotein receptor.
    Tanaka M., Hasegawa M., Yoshimoto N., Hoshikawa K., Mukai T.
    Cover Art & Highlighted paper selected by Editor-in-Chief & Featured Article

  • Bioorg. Med. Chem. 2019, 27(16), 3613-3618.
    Synthesis of an amphiphilic tetrazine derivative and its application as a liposomal component to accelerate release of encapsulated drugs.
    Kannaka K., Sano K., Hagimori M., Yamasaki T., Munekane M., Mukai T.

  • Radiat. Prot. Dosim. 2019, 184(3-4), 426-429
    Evaluation of a radon air monitor in the measurement of radon concentration in water in comparison with a liquid scintillation counter.
    Higuchi S., Kamishiro Y., Ishihara M., Yasuoka Y., Mori Y., Hosoda M., Iwaoka K., Tokonami S., Takahashi R., Janik M., Muto J., Nagahama H., Mukai T.

  • Free Radic. Biol. Med. 2019, 143, 412-421.
    Radiation-induced redox alteration in the mouse brain.
    Nakamura M., Yamasaki T., Ueno M., Shibata S., Ozawa Y., Kamada T., Nakanishi I., Yamada KI., Aoki I., Matsumoto KI.

学会発表(国際学会)<2019>

  • 2019 CRS Annual Meeting & Exposition, Valencia(Spain), July 22
    Development of temperature-responsive polymer materials for cancer therapy and imaging.
    Hiruta Y., Sawada K., Kannaka K., Miura H., Sano K., Mukai T., Citterio D.

  • ICRR 2019, Manchester(UK), August 26
    Comparison of X-ray and Carbon-Ion Beam Induced Alterations of RedOx Status in Mouse Brain.
    Nakamura M., Shibata S., Yamasaki T., Ozawa Y., Ueno M., Nakanishi I., Kamada T., Aoki I., Yamada K., Matsumoto K.

  • International symposium on dyes and pigments, Sevilla(Spain), September 9
    Turn-on fluorescence sensors based on 3-(phenylsulfonyl)-pyrazine-pyridone for imaging endogenous labile zinc ions.
    Hagimori M., Taniura M., Mizuyama N., Saji H., Mukai T.

学会発表(国内学会)<2019>

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月21日
    [4+2]環化付加Diels-Alder反応を用いたリポソームの薬物放出制御法の開発
    甘中 健登,佐野 紘平,萩森 政頼,山﨑 俊栄,宗兼 将之,向 高弘

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月21日
    水溶性高分子の物理化学的特性に基づくがんのセラノスティックス薬剤の創製
    佐野 紘平
    奨励賞受賞講演

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月22日
    スチレンマレイン酸共重合体(SMA)含有脂質エマルションの作製と生体内応用の検討
    藤田 幸巳,大西 直帆,田中 将史,向 高弘

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月22日
    光反応性金ナノロッドと熱応答凝集性ポリマーを組み合せた新規がん治療法の開発
    佐野 紘平,石田 有美,高橋 勝史,水上 達也,宗兼 将之,山﨑 俊栄,向 高弘

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月23日
    葉酸受容体を標的とした核医学/蛍光デュアルイメージングプローブの開発
    原 史子,佐野 紘平,三浦 拓,野沢 治加,宗兼 将之,山﨑 俊栄,萩森 政頼,向 高弘

  • 日本薬学会第139年会,千葉,2019年3月23日
    脂質アルキルラジカルの生体内検出を指向した放射性ヨウ素標識ニトロキシドの合成と評価
    東 里沙,山﨑 俊栄,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 第72回 日本酸化ストレス学会学術集会,北海道,2019年6月27日
    放射線によるマウス脳内レドックス状態の変化
    中村 美月,柴田 さやか,山﨑 俊栄,上野 恵美,中西 郁夫,鎌田 正,青木 伊知男,山田 健一,松本 謙一郎

  • 第56回アイソトープ・放射線研究発表会,東京,2019年7月4日
    2018年大阪府北部地震前後の大気中ラドン濃度変動の検討
    三浦 直,安岡 由美,大桃 善朗,長濱 裕幸,武藤 潤,岩田 大地,向 高弘

  • 第17回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2019),京都,2019年9月3日
    リポソーム膜上での化学反応に基づいた新規薬物放出制御法の開発
    甘中 健登,佐野 紘平,萩森 政頼,山﨑 俊栄,宗兼 将之,向 高弘

  • 第78回日本癌学会学術総会,京都,2019年9月26日
    Synthesis and evaluation of radioiodinated nitroxide probe for lipid alkyl radicals
    Yamasaki T., Sano K., Munekane M., Mukai T.

  • 第78回日本癌学会学術総会,京都,2019年9月27日
    Internal radiotherapy using radiolabeled polyoxazoline that are thermoresponsively self-aggregated in tumor tissues
    Sano K., Yamasaki T., Munekane M., Ono M., Mukai T.

  • 第78回日本癌学会学術総会,京都,2019年9月28日
    Synthesis of amphiphilic tetrazine derivative and its application as a liposomal component for flexible drug release
    Kannaka K., Sano K., Yamasaki T., Munekane M., Mukai T.

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    生体内脂質炭素ラジカルの機能解明を指向した放射性ニトロキシドプローブの開発
    山﨑 俊栄,東 里沙,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    Click-chemistryに基づく新規薬物放出制御法の開発 ―両親媒性テトラジン誘導体の合成とリポソームへの応用―
    甘中 健登,佐野 紘平,萩森 政頼,山﨑 俊栄,宗兼 将之,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    がん組織内マクロファージを標的とした酸化鉄ナノ粒子を母体とするセラノスティクスプローブの開発
    片岡 若菜,佐野 紘平,宗兼 将之,山﨑 俊栄,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    監視モニタによる空気中ラドン濃度測定の検討 ―温度依存性の評価―
    三浦 直,吉井 未来,安岡 由美,床次 愼司,長濱 裕幸,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    レドックスバランスの崩壊によるがん治療を指向したラジカル放出剤の開発
    坂本 麻緒,山﨑 俊栄,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    脂質炭素ラジカルの生体内検出を目的とした放射性ヨウ素標識ニトロキシドプローブの合成と物性・集積性評価
    東 里沙,山﨑 俊栄,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    pH応答性を有する脂質エマルション粒子の細胞内分布
    藤田 幸巳,田中 将史,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    熱応答凝集性ポリオキサゾリンを基盤とする新規内用療法薬剤の開発
    水上 達也,佐野 紘平,田中 寿枝,金田 侑子,高橋 勝史,原武 芳江,濵田 夏海,上野 彰太,藤田 幸巳,山﨑 俊栄,宗兼 将之,小野 正博,佐治 英郎,向 高弘

  • 第69回日本薬学会関西支部大会,神戸,2019年10月12日
    ポリオキサゾリンを基盤としたがんの葉酸受容体を標的とする蛍光イメージングプローブの開発
    鈴野 菜都佳,佐野 紘平,包 玲,宗兼 将之,山﨑 俊栄,向 高弘

  • 第59回日本核医学会学術総会,松山,2019年11月2日
    生体内脂質アルキルラジカル検出に向けた放射性ヨウ素標識ニトロキシドの開発
    山﨑 俊栄,東 里沙,佐野 紘平,宗兼 将之,向 高弘

  • 第59回日本核医学会学術総会,松山,2019年11月2日
    熱応答凝集性ポリマー型放射性薬剤を用いる内用療法の開発研究
    佐野 紘平,水上 達也,田中 寿枝,金田 侑子,高橋 勝史,濵田 夏海,山﨑 俊栄,宗兼 将之,小野 正博,佐治 英郎,向 高弘

  • 第3回日本核医学会分科会放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会,岡山,2019年11月30日
    環状ガドリニウム錯体を含有する葉酸受容体標的自己組織型ナノ粒子MR造影剤の合成と評価
    浦上 可奈子,香本 祥汰,萩森 政頼,向 高弘,上田 真史

  • 第3回日本核医学会分科会放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会,岡山,2019年11月30日
    生体内の脂質アルキルラジカルを検出する放射性ヨウ素標識ニトロキシドプローブの開発
    山﨑 俊栄,東 里沙,佐野 紘平,宗兼 将之,松岡 悠太,山田 健一,向 高弘

お問い合わせ

住所

〒658-8558
兵庫県神戸市東灘区本山北町4-19-1

TEL
078-441-7540
FAX
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp
(@を半角に変換してください)

ページのトップへ戻る