研究業績 Publication

薬品物理化学研究室では、スタッフ、大学院生、ゼミ生、研究生により、活発な研究活動を行っています。


2014年の主な研究業績を紹介します。


2017年業績
2016年業績
2015年業績
2013年業績
2012年業績
2011年業績

論文

  • 2014

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 2014, 444(1), 92-97
    Effect of amino acid variations in the central region of human serum amyloid A on the amyloidogenic properties
    Takase H., Tanaka M., Miyagawa S., Yamada T., Mukai T.

    Bioorg. Med. Chem. Lett. 2014, 24(5), 1386-1388
    A radiogallium-DOTA-based bivalent peptidic ligand targeting a chemokine receptor, CXCR4, for tumor imaging
    Sano K., Masuda R., Hisada H., Oishi S., Shimokawa K., Ono M., Fujii N., Saji H., Mukai T.

    Biochem. Res. Int. 2014, Article ID 527254
    Influence of polymorphism on glycosylation of serum amyloid A4 protein
    Yamada T., Sato J., Kotani K., Tanaka M.

    Biochim. Biophys. Acta 2014, 1841(10), 1467-1474
    Characterization of reconstituted high-density lipoprotein particles formed by lipid interactions with human serum amyloid A
    Takase H., Furuchi H., Tanaka M., Yamada T., Matoba K., Iwasaki K., Kawakami T. Mukai T.

    Radiat. Emerg. Med. 2014, 3(2), 39-42
    Experimental demonstration for measurement of radon in water by a liquid scintillation counter using large vials
    Yasuoka Y., Mori Y., Murakami K., Kobayashi Y., Ohnuma S., Takizawa H., Ishikawa T., Mukai T.

    J. Control. Release 2014, 194, 310–315
    Radiolabeled γ-polyglutamic acid complex as a nano-platform for sentinel lymph node imaging
    Sano K., Iwamiya Y., Kurosaki T., Ogawa M., Magata Y., Sasaki H., Ohshima T., Maeda M., Mukai T.

    Bioorg. Med. Chem. 2014, 22(21), 6039-6046
    Synthesis and in vitro evaluation of radioiodinated indolequinones targeting NAD(P)H: quinone oxidoreductase 1 for internal radiation therapy
    Sasaki J., Sano K., Hagimori M., Yoshikawa M., Maeda M., Mukai T.

    Jpn. J. Health Phys. 2014, 149, 190-193
    Effect of a desiccant on the measurement of radon concentration in air
    Tajika Y., Yasuoka Y., Omori Y., Sorimachi A., Ishikawa T., Mori Y., Mukai T.

ページトップへもどる

著書

  • 2014

    高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2014, Proceeding of the 15th Workshop on Environmental Radioactivity 2014, 23-28
    Anomalous change in the atmospheric radon concentration prior to the 2011 Tohoku-Oki Earthquake in Japan
    Hayashi K., Kobayashi Y., Yasuoka Y., Nagahama H., Muto J., Omori Y., Suzuki T., Homma Y., Yamamoto F., Takahashi K., Mukai T.

    高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2014, Proceeding of the 15th Workshop on Environmental Radioactivity 2014, 29-37
    簡易型液体シンチレーションカウンタを用いたPICO-RAD測定器のラドン濃度測定
    村上香瑛, 大森康孝, 小林由布香, 安岡由美, 森康則, 福堀順敏, 若林亜希子, 向高弘

ページトップへもどる

学会発表(国際学会)

  • 2014

    2014 World Molecular Imaging Congress, Seoul
    Development of fluorescent γ-polyglutamic acid complex for sentinel lymph node imaging
    Hagimori M., Hatabe E., Sano K., Sasaki H., Saji H., Mukai T.

    2014 World Molecular Imaging Congress, Seoul
    High affinity fluorescent probe for Zn2+ based on bipyridine scaffold
    Hagimori M., Mizuyama N., Yamaguchi Y., Saji H., Mukai T.

    The 9th International Symposium on the Natural Radiation Environment (NRE-IX), Hirosaki
    Determination of radon conversion factor for exhaust monitor at radioisotope institute
    Tanaka A., Yasuoka Y., Iimoto T., Omori Y., Mukai T.

    The 9th International Symposium on the Natural Radiation Environment (NRE-IX), Hirosaki
    Performance test of portable type radon concentration monitor for water sample based on the liquid scintillation counter measurement
    Takahashi R., Wakabayashi A., Yasuoka Y., Hosoda M., Tokonami S.

ページトップへもどる

学会発表(国内学会)

  • 2014

    アミロイドーシスに関する調査研究班 研究報告会, 東京
    SAAの脂質への結合によるアミロイド線維形成の阻害
    山田俊幸, 田中将史, 高瀬ひろか, 向高弘

    第15回「環境放射能」研究会, つくば
    東北地方太平洋沖地震に先行する大気中ラドン濃度異常変動
    林孝積, 小林由布香, 安岡由美, 長濱裕幸, 武藤潤, 大森康孝, 鈴木俊幸, 本間好, 山本文彦, 高橋克彦, 向高弘

    第15回「環境放射能」研究会, つくば
    簡易型液体シンチレーションカウンタを用いたPICO-RAD測定器のラドン濃度測定
    村上香瑛, 大森康孝, 小林由布香, 安岡由美, 森康則, 福堀順敏, 若林亜希子, 向高弘

    「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成25年度成果報告シンポジウム, 東京
    地震に先行する大気中ラドン濃度変動に関する観測
    長濱裕幸, 武藤潤, 安岡由美, 後藤美加子, 小林由布香, 本間好, 鈴木俊幸, 井原勇人, 向高弘

    日本薬学会第134年会, 熊本
    日本の大気中ラドン濃度変動について:都道府県別の解析
    小林由布香,安岡由美,長濱裕幸,鈴木俊幸,本間好,向高弘

    日本薬学会第134年会, 熊本
    血清アミロイドAを用いた再構成HDLの作製と特性評価
    古地大輝, 高瀬ひろか, 田中将史, 山田俊幸, 向高弘

    日本薬学会第134年会, 熊本
    アミロイド結合性を有するベンゾチアゾール誘導体の合成及び蛍光特性の評価
    平野優里, 萩森政頼, 長谷川純子, 田中将史, 向高弘

    第9回日本分子イメージング学会学術集会, 豊中
    センチネルリンパ節イメージングを目指した蛍光標識γ-ポリグルタミン酸複合体の開発
    萩森政頼, 畑辺恵里, 佐野紘平, 佐々木均, 佐治英郎, 向高弘

    第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 京都
    ビピリジン骨格に基づく低分子量亜鉛蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 富永義則, 佐治英郎, 向高弘

    第25回日本微量元素学会学術集会, 岡山
    亜鉛イオンに対する親和性の向上を目指した蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 梅村侑加, 中城有紀, 水山奈央子, 佐治英郎, 向高弘

    第51回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京
    PICO-RAD測定器を用いた空気中ラドン濃度測定の改善
    若林亜希子, 安岡由美, 森康則, 村上香瑛, 大森康孝, 向高弘

    第51回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京
    和歌山における大気中ラドン濃度変動
    後藤美加子, 安岡由美, 長濱裕幸, 武藤潤, 井原勇人, 向高弘

    第2回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    SAAの構造とamyloidogenesis
    田中将史

    第2回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    SAAの線維形成におけるグリコサミノグリカンの足場としての役割
    高瀬ひろか, 田中将史, 向高弘

    第2回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    SAA4の多形は糖鎖修飾を規定する
    山田俊幸, 佐藤純司, 小谷和彦, 田中将史

    日本温泉科学会第67回大会, 鳥取
    硫酸カルシウムと活性炭型検出器を用いた高湿度環境下の空気中ラドン分析検討
    森康則, 吉村英基, 前田明, 山本昌宏, 西中隆道, 大森康孝, 若林亜希子, 安岡由美

    第14回放射性医薬品・画像診断薬研究会,京都
    センチネルリンパ節の蛍光イメージングを目指したγ-ポリグルタミン酸被覆ナノ粒子の作製
    千石梓, 畑辺恵里, 萩森政頼, 佐野紘平, 佐々木均, 佐治英郎, 向高弘

    平成26年度 第2回メディショナルナノテク研究会,神戸
    脂質ナノディスクのナノバイオ材料としての可能性
    田中将史

    第64回日本薬学会近畿支部大会, 京都
    血清アミロイドAのアミノ酸置換がAAアミロイドーシス発症へ及ぼす影響の検討
    高瀬ひろか, 田中宏輔, 田中将史, 向高弘

    第64回日本薬学会近畿支部大会, 京都
    腎障害の軽減を目的としたリポソーム化ヨード造影剤の開発
    神寶圭介, 萩森政頼, 向高弘

    第64回日本薬学会近畿支部大会, 京都
    腫瘍イメージングを目指した葉酸修飾脂質ナノディスクの細胞集積性の評価
    辻野奈緒美, 田中将史, 向高弘

    第64回日本薬学会近畿支部大会, 京都
    排気モ二タを用いた低レベルラドン測定の検討
    田中綾, 安岡由美, 飯本武志, 大森康孝, 向高弘

    第87回日本生化学会大会, 京都
    ヒト血清アミロイドAの線維形成を促進する鍵となるグリコサミノグリカンの構造因子
    高瀬ひろか, 田中将史, 高橋早苗, 灘中里美, 北川裕之, 向高弘

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
兵庫県神戸市東灘区
本山北町4-19-1
(郵便番号 658-8558)
Tel
078-441-7540
Fax
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp(@を半角に変換してください)
© 2012 Kobe Pharmaceutical University. All rights reserved.