研究業績 Publication

薬品物理化学研究室では、スタッフ、大学院生、ゼミ生、研究生により、活発な研究活動を行っています。


2013年の主な研究業績を紹介します。


2017年業績
2016年業績
2015年業績
2014年業績
2012年業績
2011年業績

論文

  • 2013

    J. Radioanal. Nucl. Chem. 2013, 295(3), 1709-1714
    Radon concentration of outdoor air: measured by an ionization chamber for radioisotope monitoring system at radioisotope institute
    Tajika Y., Yasuoka Y., Nagahama H., Suzuki T., Homma Y., Ishikawa T., Tokonami S., Mukai T., Janik M., Sorimachi A., Hosoda M.

    FEBS Lett. 2013, 587(5), 510-515
    Effect of amino acid distribution of amphipathic helical peptide derived from human apolipoprotein A-I on membrane curvature sensing
    Tanaka M., Takamura Y., Kawakami T., Aimoto S., Saito H., Mukai T.

    Biol. Pharm. Bull. 2013, 36(4), 602-608
    In vivo evaluation of a radiogallium-labeled bifunctional radiopharmaceutical, Ga-DOTA-MN2, for hypoxic tumor imaging
    Sano K., Okada M., Hisada H., Shimokawa K., Saji H., Maeda M., Mukai T.

    Sens. Act. B. 2013, 181, 823-828
    Fluorescence ON/OFF switching Zn2+ sensor based on pyridine–pyridone scaffold
    Hagimori M., Uto T., Mizuyama N., Temma T., Yamaguchi Y., Tominaga Y., Saji H.

    J. Hot Spring Sci. 2013, 62(4), 306-317
    Determination of radon concentration in air using a liquid scintillation counter and an activated charcoal detector
    Mori Y., Murata S., Yoshimura H., Maeda A., Sawada Y., Shimura K., Yamaguchi T., Tajika Y., Ishikawa T., Yasuoka Y.

    Radioisotopes 2013, 62(7), 423-438
    A simplified method for improved determination of radon concentration in environmental water sample
    Tanaka R., Araki S., Yasuoka Y., Mukai T., Ohnuma S., Ishikawa T., Fukuhori N., Sanada T.
    論文奨励賞受賞

    J. Org. Chem. 2013, 78(22), 11433-11443
    Michael addition-aromatization reaction of dienylimines bearing a leaving group and its application to the preparation of thiol selective labeling reagents capable of forming strong carbon-sulfur bonds
    Miyoshi T., Aoki Y., Uno Y., Araki M., Kamatani T., Fujii D., Fujita Y., Takeda N., Ueda M., Kitagawa H., Emoto N., Mukai T., Tanaka M., Miyata O.

    Dyes Pigm. 2013, 99(3), 940-949
    Theoretical interpretations of electronic and fluorescence spectra of new 2(1H)-pyridone derivatives in solution and solid state
    Shigmitsu Y., Hagimori M., Mizuyama N., Wang B.-C., Tominaga Y.

    Biosci. Microbiota Food Health 2013, 32(3), 101–105
    The effect of lactic acid bacteria-fermented soybean milk products on carrageenan-induced tail thrombosis in rats
    Kamiya S., Ogasawara M., Arakawa M., Hagimori M.

ページトップへもどる

著書

  • 2013

    ファルマシア 2013, 49(4), 315-319
    話題 放射性医薬品取り扱いガイドライン
    秋澤宏行, 向高弘, 荒野泰

    高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2013, Proceeding of the 14th Workshop on Environmental Radioactivity 2013, 379-385
    地震前後の大気中ラドン濃度異常変動と地殻歪との呼応について
    畠中弘哉, 安岡由美, 武藤潤, 長濱裕幸, 鈴木俊幸, 本間好, 坂下守, 小林由布香, 向高弘

ページトップへもどる

学会発表(国際学会)

  • 2013

    The Society of Nuclear Medicine 60th Annual Meeting, Vancouver
    A radioiodinated probe targeted for NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1 for an internal radiation therapy
    Sano K., Sasaki J., Maeda M., Mukai T.

    The 23rd French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry (FJS-2013), Nagasaki
    Activation of acyl group with sodium iodide
    Tanaka K., Hagimori M., Yamaguchi Y.

    2nd G-ever (Asia-Pacific Region Global Earthquake and Volcanic Eruption Risk Management) International Symposium, Sendai
    Sinusoidal model for the annual variation of atmospheric radon concentration in Japan
    Nakamura S., Hayashi K., Yasuoka Y., Nagahama H., Muto J., Omori Y., Ishikawa T., Suzuki T., Homma Y., Ihara H., Mukai T.

    4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 50th Japanese Peptide Symposium (APIPS 2013), Suita
    Elucidation of amyloidogenic regions in human serum amyloid A using its fragment peptides
    Takase H., Tanaka M., Mukai T.

ページトップへもどる

学会発表(国内学会)

  • 2013

    アミロイドーシスに関する調査研究班 研究報告会, 東京
    SAAのアミロイド線維形成におけるアイソフォームの影響
    山田俊幸, 田中将史, 高瀬ひろか, 向高弘

    第14回「環境放射能」研究会, つくば
    地震前後の大気中ラドン濃度の異常変動と地殻歪との呼応について
    畠中弘哉, 安岡由美, 武藤潤, 長濱裕幸, 鈴木俊幸, 本間好, 坂下守, 小林由布香, 向高弘

    日本薬学会第133年会, 横浜
    アポリポ蛋白質A-Ⅰと細胞膜との相互作用における構成脂質組成の影響
    武吉美咲, 田中将史, 向高弘

    日本薬学会第133年会, 横浜
    ヒト血清アミロイドAのアミロイド化に関与するグリコサミノグリカンの構造要因の検討
    山本亜季, 高瀬ひろか, 渡部志織, 田中将史, 向高弘

    日本薬学会第133年会, 横浜
    液体シンチレーションカウンタを用いた水中ラドン濃度測定法の改善検討1
    田中里沙, 荒木沙織, 安岡由美, 滝沢英夫, 大沼章子, 堀内公子, 石川徹夫, 福堀順敏, 向高弘
    優秀発表賞受賞

    日本薬学会第133年会, 横浜
    液体シンチレーションカウンタを用いた水中ラドン濃度測定法の改善検討2
    荒木沙織, 田中里沙, 安岡由美, 滝沢英夫, 大沼章子, 堀内公子, 石川徹夫, 福堀順敏, 向高弘

    日本薬学会第133年会, 横浜
    ジエニルイミンへの付加-芳香化反応を利用する蛍光ラベル化剤の開発
    三好哲也, 荒木美奈, 上田昌史, 北川裕之, 江本憲昭, 向高弘, 八木敬子, 灘中里美, 田中将史, 宮田興子

    日本薬学会第133年会, 横浜
    NaIによるアシル化剤活性化
    田中誠一, 萩森政頼, 田中啓太郎, 山口泰史

    「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成24年度成果報告シンポジウム,東京
    地震に先行する大気中ラドン濃度変動に関する観測
    長濱裕幸, 武藤潤, 安岡由美, 畠中弘哉, 小林由布香, 本間好, 鈴木俊幸, 坂下守

    日本保健物理学会第46回研究発表会, 千葉
    乾燥剤の装着によるラドン濃度測定への影響について
    多鹿優佳里, 村上香瑛, 安岡由美, 石川徹夫, 大森康孝, 森康則, 反町篤行, 向高弘
    優秀ポスター賞(学生の部)受賞

    第24回日本微量元素学会学術集会, 大阪
    生体内亜鉛イオンのイメージングを目的とした低分子量蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 向高弘, 山口泰史, 富永義則, 佐治英郎

    第50回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京
    宮城・福島・栃木における大気中ラドン濃度変動について:東北地方太平洋沖地震の先行現象
    小林由布香, 畠中弘哉, 安岡由美, 長濱裕幸 武藤潤, 鈴木俊幸, 本間好, 山本文彦, 高橋克彦, 向高弘

    第1回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 東京
    血清アミロイドAの線維形成に生体分子が与える影響
    高瀬ひろか, 田中将史, 山田俊幸, 向高弘

    第86回日本生化学会大会, 横浜
    血清アミロイドAの線維形成に及ぼす脂質結合の影響
    田中将史, 西村彩佳, 高瀬ひろか, 向高弘

    第86回日本生化学会大会, 横浜
    生体分子との相互作用を介したヒト血清アミロイドAの構造変化
    高瀬ひろか, 田中将史, 山田俊幸, 向高弘
    鈴木紘一メモリアル賞受賞

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    リゾリン脂質存在下における血清アミロイドAの線維形成評価
    西村彩佳, 高瀬ひろか, 田中将史, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    チオフラビンT誘導体のアミロイド線維選択性の評価
    長谷川純子, 平野優里, 田中将史, 小野正博, 萩森政頼, 佐治英郎, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    アポE含有脂質ナノディスクの腫瘍細胞への集積性評価
    星川梢, 辻野奈緒美, 田中将史, 斎藤博幸, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    多点認識による親和性の向上を目指した亜鉛蛍光プローブの開発
    中城有紀, 萩森政頼, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    放射性ヨウ素標識プローブを用いたTRPC3特異的阻害剤の体内動態評価
    村上貴裕, 清水絹恵, 萩森政頼, 西田基宏, 大嶋孝, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    生体イメージングを目指したγ-ポリグルタミン酸被覆蛍光ナノ粒子の作製
    畑辺恵里, 萩森政頼, 佐野紘平, 佐々木均, 向高弘
    優秀ポスター賞受賞

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    簡易モデルによる屋外ラドン濃度の季節変動の推定
    林孝積, 安岡由美, 長濱裕幸, 武藤潤, 石川徹夫, 鈴木俊幸, 本間好, 大森康孝, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    液体シンチレーションカウンタによる水中ラドン濃度測定の検討-100 mLテフロンバイアルを用いた場合
    村上香瑛, 安岡由美, 森康則, 大沼章子, 滝沢英夫, 石川徹夫, 向高弘

    第63回日本薬学会近畿支部大会, 京田辺
    生体内亜鉛イオンの解析を目的とした蛍光プローブの開発
    萩森政頼
    支部奨励賞受賞者講演

    第43回複素環化学討論会, 岐阜
    亜鉛イオン認識能を有する蛍光ピリジン-ピリドン誘導体の開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 富永義則, 向高弘

    第43回複素環化学討論会, 岐阜
    新規2(1H)-Pyridone誘導体の凝縮系光特性に関する計算化学解析
    重光保博, 萩森政頼, Bo-Cheng Wang

    第30回日本薬学会九州支部大会, 佐世保
    NaIを用いたアシル化剤活性化の検討
    田中啓太郎, 田中誠一, 萩森政頼, 山口泰史

    第30回日本薬学会九州支部大会, 佐世保
    N亜鉛輸送体ZIP14の細胞内輸送および機能発現制御に関する基礎的解析
    大久保麻佳, 楢崎彩香, 萩森政頼, 山口泰史, 藤井佑樹, 藤原俊幸, 徳永研三, 藤田英明

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
兵庫県神戸市東灘区
本山北町4-19-1
(郵便番号 658-8558)
Tel
078-441-7540
Fax
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp(@を半角に変換してください)
© 2012 Kobe Pharmaceutical University. All rights reserved.