本園は薬学関係学部設置基準要項(付属施設として薬用植物園をおくものとする)に基づき設置され、学生に対し薬用植物の実物による教育と、研究材料の提供を行い、さらに貴重な薬用植物資源、野生植物の保護を目的としてその運営にあたっています。

昭和 5年 本学の前身にあたる神戸女子薬学校創立

昭和 8年 御影仮校舎に実習用の薬草を栽培

昭和10年 現在の場所(神戸市東灘区本山北町4-19-1)に本校舎移転、薬草園が設立

昭和15年 附近の土地を借り校外薬草園として戦後まで利用

昭和40年 衛生薬学科の増設と共に現在の場所を造成しひな壇状の薬草園となる

昭和44年 温室新設(94.88u)

昭和48年 薬用植物園運営委員会が発足、薬草園より薬用植物園と改名
昭和53年 最初の本園薬用植物目録発行
昭和56年 園内に拡幅舗装道路を敷設
昭和61年 新学生寮建設にともない管理棟、種苗圃を現在地に移転

平成 4年 温室を現在の位置に改築移転(163.6u)

平成 8年 薬用植物園の『植物目録』を改訂発行

平成12年 『薬用植物園のしおり』を発行
平成24年 倉庫改築にともない、ミニセミナー室新設