図書館概要


 大学図書館として模範となるべき充実した設備と機能的設計が施されており、学生はその目的別に設計された閲覧室,自習室,AVブースなどを大いに利用しています。薬学系図書館としては、蔵書の質・量ともに全国的に最も充実し、使いやすいとの評価を得ています。学内の研究活動の推進と学生の勉学に役立っており、近隣諸大学の教職員や学生、学外の専門家にも開放しています。

 蔵書の配架・配列に工夫を凝らし、展示コーナーを設けて「社会薬学」「医薬品情報」「ゲノム創薬と遺伝子治療」など関心の高いテーマについて専門的立場からの有用な図書を紹介しています。

 1996年3月には、学術情報基盤の整備として学内LAN装置が敷設され、ネットワーク機器室が館内に設置されています。2000年10月に新図書館システム を導入し、2007年10月に一度、さらに2013年9月に更新しました。インターネットを介しての情報発信の充実を図っています。

 

図書館ホームページへ


Last modified:2013/12/02 ; Copyright 1996, Kobe Pharmaceutical Univ.