図書館資料の複写(コピー)について

 

コピーは「著作権法(第31条)」に基づき、著作権者の権利を不当に侵害しない範囲で行ってください。

コピーを許可されている範囲は以下のとおりです。


 ◎ 図書を1冊全文コピーすることはできません。

 著作権のある著作物の半分以上をコピーする場合は著作権者の許諾が必要です。
 ただし以下のものは半分以上をコピーすることができます。
  • 著作権の消滅した著作物
  • 著作権の保護期間(個人著作物は著作者の死後50年、団体著作物は公表後50年)
    を経過したもの
  • 権利の目的とならない著作物・憲法その他の法令など

 ◎ 雑誌・新聞等の最新号に掲載された論文や記事は、全体をコピーすることはできません。

     発行後相当期間を経過(次号が出てから、または刊行後3ケ月)した定期刊行物に掲載された
     個々の著作物は、その全体をコピーすることができます。
 

 ◎ コピーする部数は、1人につき1部に限られています。

☆不明な点はカウンターにお尋ね下さい。


著作権法第31条 [図書館等における複製]

図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの
(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業
として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を
複製することができる。

1 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分
(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあっては、その全部)の複製物を
一人につき一部提供する場合

2 図書館資料の保存のために必要がある場合

3 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館
資料の複製物を提供する場合