ごあいさつ

江本憲明教授医学と薬学は、その専門領域こそ異なるものの患者さんの疾病を治療するという目標に違いはありません。臨床薬学研究室では、三人のスタッフが医師であり、遺伝子レベルでの基礎研究成果を臨床医学・薬学へと展開する研究(トランスレーショナルリサーチ)を実践しています。

とくに心筋梗塞などの循環器疾患や生活習慣病を研究対象としています。高度な実験テクニックを駆使して疾病に関与する機能分子を同定・解析し、その成果に臨床医学の視点からアプローチすることにより病態の解明や薬物治療法開発への展開をめざします。

私は神戸薬科大学と神戸大学大学院医学研究科との兼務であるため、両大学の連携を活かして神戸薬科大学の学部学生、大学院生と神戸大学医学研究科博士課程の大学院生の研究指導を行っています。

また、研究室にはインドネシア、フランス、ドイツ、ベトナムからの留学生が在籍するため国際色豊かな環境です。留学生たちと活発な議論を重ねることにより英語論文をリアルタイムに読み解く力と、海外の研究者とも自在にコミュニケーションできる力を育成しています。


神戸薬科大学臨床薬学講座 教授 江本憲昭


Welcome Notes

As a PI of the laboratory, my long-term goal is to contribute medical science by performing translational research, and develop the physician-scientists.

To improve human health, scientific discoveries must be translated into practical applications. Such discoveries typically begin at “the bench” with basic research — in which scientists study disease at a molecular or cellular level — then progress to the clinical level, or the patient's “bedside.” In addition, for the speedy translation of promising scientific discoveries into patient treatment, we need a special breed of medical researchers who are trained to ask clinically relevant questions in a clinical research environment. It's these individuals who transform clinical observations into research studies and eventual medical advances.

We have been focusing on the endothelin system and the circadian system to translate our findings obtained from cell biological experiments and genetically modified animals into clinical applications. Now we are in the process to seek a new original project in the field of cardiology and vascular medicine. We would like to welcome those who are interested in being physician–scientists, MDs who devote a majority of their professional effort to research, and investigators with joint MD/PhD degrees who work at this important interface between science and medicine.

Noriaki Emoto