研究業績 Publication

薬品物理化学研究室では、スタッフ、大学院生、ゼミ生、研究生により、活発な研究活動を行っています。


2016年の主な研究業績を紹介します。


2017年業績
2015年業績
2014年業績
2013年業績
2012年業績
2011年業績

論文

  • 2016

    Dyes Pigm. 2016, 124, 196-202
    2-Pyridone-based fluorophores containing 4-dialkylamino-phenyl group: Synthesis and fluorescence properties in solutions and in solid state
    Hagimori M., Shigemitsu Y., Murakami R., Yokota K., Nishimura Y., Mizuyama N., Wang B.C., Tai C.K., Wang S.L., Shih T.L., Wu K.D., Lu J.W., Huang Z.S., Tseng S.C., Wei H.H., Nagaoka J., Mukai T., Kawashima S., Kawashima K., Tominaga Y.

    J. Heterocycl. Chem. 2016, 53(1), 197–201
    A novel one-pot method for the synthesis of pyrimidine derivatives using ketene N,S-acetal with aryl aldehydes
    Hagimori M., Murakami Y., Mizuyama N., Tominaga Y.

    J. Heterocycl. Chem. 2016, 53(3), 414–420
    Synthesis of indeno[1,2-d]pyrimidin-5-ones and their fluorescence in solid state
    Hagimori M., Yokota K., Fukuda A., Nishimura Y., Satodani R.,. Wang B.-C, Wei H.-H., Wang S.-L., Shigemitsu Y., Tominaga Y.

    MedChemComm 2016, 7(5), 1003-1006
    Synthesis of radioiodinated probes to evaluate the biodistribution of a potent TRPC3 inhibitor
    Hagimori M., Murakami T., Shimizu K., Nishida M., Ohshima T., Mukai T.

    Amyloid 2016, 23(2), 67-75
    Structural requirements of glycosaminoglycans for facilitating amyloid fibril formation of human serum amyloid A
    Takase H., Tanaka M., Yamamoto A., Watanabe S., Takahashi S., Nadanaka S., Kitagawa H., Yamada T., Mukai T.

    Langmuir 2016, 32(26), 6591-6599
    Interactions of a tetrazine derivative with biomembrane constituents: a Langmuir monolayer study
    Nakahara H., Hagimori M., Mukai T., Shibata O.

    薬学雑誌 2016, 136(7), 1051-1064
    基礎から臨床までを繋げる分野横断的統合型初年次導入教育「薬学入門」の学習効果
    八巻耕也,上田昌史,上田久美子,江本憲昭,水谷暢明,池田宏二,八木敬子,田中将史,土生康司,中山喜明,武田紀彦,森脇健介,北河修治

    Bioorg. Med. Chem. 2016, 24(16), 3618-3623
    Synthesis and evaluation of copper-64 labeled benzofuran derivatives targeting ß-amyloid aggregates
    Watanabe H., Kawasaki A., Sano K., Ono M., Saji H

    Bioorg. Med. Chem. 2016, 24(16), 3727–3733
    Isomeric iodinated analogs of nimesulide: synthesis, physicochemical characterization, cyclooxygenase-2 inhibitory activity, and transport across Caco-2 cells
    Yamamoto Y., Arai J., Hisa T., Saito Y., Mukai T., Ohshima T., Maeda M., Yamamoto F.

    Sci. Rep. 2016, 6, 33798
    Polyoxazoline multivalently conjugated with indocyanine green for sensitive photoacoustic imaging of tumors
    Kanazaki K., Sano K., Makino A., Homma T., Ono M., Saji H.

    Ann. Nucl. Med. 2016, 30(8), 544-552
    The utility of PET/CT with 68Ga-DOTATOC in sarcoidosis: comparison with 67Ga-scintigraphy
    Nobashi T., Nakamoto Y., Kubo T., Ishimori T., Handa T., Tanizawa K., Sano K., Mishima M., Togashi K.

    Mol. Imaging Biol. 2016, 18(6), 870-876
    In vivo HER2-targeted magnetic resonance tumor imaging using iron oxide nanoparticles conjugated with anti-HER2 fragment antibody
    Ding N., Sano K., Kanazaki K., Deguchi J., Ohashi M., Kanada Y., Ono M., Saji H.

ページトップへもどる

著書

  • 2016

    南江堂 2016, 新放射化学・放射性医薬品学 改訂第4版
    編集:佐治英郎, 前田稔, 小島周二(向高弘ら著)

    高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2016, Proceeding of the 17th Workshop on Environmental Radioactivity 2016, 233-238
    Radon testing in air using a PICO-RAD collector measured with a simplified liquid scintillation counter
    Arai Y., Wakabayashi A., Yasuoka Y., Iwaoka K., Tokonami S., Janik M., Fukuhori N., Mukai T.

ページトップへもどる

学会発表(国内学会)

  • 2016

    第17回「環境放射能」研究会, つくば
    活性炭型ラドン検出器の液体シンチレーションカウンタによるラドン濃度決定
    新井友里愛, 若林亜希子, 安岡由美, 岩岡和輝, 床次眞司, M. Janik, 福堀順敏, 向高弘

    日本薬学会第136年会, 横浜
    合成高分子を用いたディスク型脂質ナノ粒子の作製と物性評価
    橘由香, 田中将史, 川上徹, 岩崎憲治, 向高弘
    優秀発表賞受賞

    日本薬学会第136年会, 横浜
    MMP-12を標的とする放射性ヨウ素標識化合物の合成
    久土慎詞, 萩森政頼, 近藤直哉, 天滿敬, 向高弘

    日本薬学会第136年会, 横浜
    AlphaGUARDを用いた空気中ラドン濃度測定の検討
    南のどか, 田中綾, 安岡由美, 長濱裕幸, 武藤潤, 飯本武志, 大森康孝, 床次眞司, 向高弘

    日本薬学会第136年会, 横浜
    血清アミロイドA(1-76)ペプチドの合成とアミロイド線維形成能評価
    沖野希, 田中将史, 高瀬ひろか, 川上徹, 山田俊幸, 向高弘

    第63回日本生化学会近畿支部例会, 神戸
    脂質存在下における血清アミロイドAの酵素消化とそれに及ぼす脂質組成の影響
    中村友紀, 高瀬ひろか, 田中将史, 向高弘

    第63回日本生化学会近畿支部例会, 神戸
    AAアミロイドーシス発症に及ぼすグリコサミノグリカン硫酸基の影響
    田中将史, 高瀬ひろか, 関山慶紀, 灘中里美, 北川裕之, 向高弘

    第11回分子イメージング学会, 神戸
    がんの核医学及び蛍光イメージングを目指したヒアルロン酸被覆ナノプローブの開発とがん細胞への集積性の検討
    森山理央, 萩森政頼, 千石梓, 向高弘

    日本保健物理学会第49回研究発表会, 弘前
    連続測定におけるラドン濃度測定器の比較
    石原万己, 南のどか, 新井友里愛, 安岡由美, 長濱裕幸, 武藤潤, 飯本武志, 大森康孝, 床次眞司, 向高弘

    第26回バイオ・高分子シンポジウム, 東京
    合成高分子を用いたHDL模倣ナノ粒子の作製と生体イメージング応用の検討
    田中将史, 細谷晃, 橘由香, 日野陸人, 三宅央泰, 向高弘

    第26回バイオ・高分子シンポジウム, 東京
    スチレン-マレイン酸共重合体を用いたHDL模倣ナノ粒子の作製における脂質組成の影響
    三宅央泰, 田中将史, 向高弘

    第27回日本微量元素学会学術集会, 京都
    細胞内遊離亜鉛イオンの検出を目的とした蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 佐治英郎, 向高弘
    優秀演題賞受賞

    第4回日本アミロイド―シス研究会学術集会,東京
    AAアミロイドーシスで沈着するSAA(1-76)ペプチドの線維形成能評価
    田中将史, 沖野希, 高瀬ひろか, 川上徹, 山田俊幸, 向高弘

    第89回日本生化学会大会,仙台
    HDLを構成している血清アミロイドAにリン脂質組成が及ぼす影響
    高瀬ひろか, 中村友紀, 田中将史, 山田俊幸, 向高弘

    第16回放射性医薬品・画像診断薬研究会, 京都
    葉酸受容体を標的とした自己組織化ナノ粒子MRIプローブの合成と基礎評価
    香本祥汰, 萩森政頼, 向高弘, 上田真史

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    脂質-スチレンマレイン酸共重合体ナノディスクの細胞取り込みにおけるRGDペプチド修飾の影響
    弓削文乃, 田中将史, 向高弘

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    亜鉛イオンに特異的な蛍光プローブの合成及び蛍光特性の評価
    谷浦真奈, 萩森政頼, 向高弘

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    フコイダン被覆自己組織化ナノ粒子によるがん細胞の傷害性の検討
    樋口真理子, 萩森政頼, 向高弘

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    全身性アミロイドーシス診断を目指した放射性ヨウ素標識化合物の体内動態評価
    山内健生, 萩森政頼, 平野優里, 向高弘
    優秀ポスター賞受賞

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    活性炭型ラドン検出器と液体シンチレーションカウンタによる空気中ラドン濃度決定
    新井友里愛, 藤井さとみ, 神代悠希, 安岡由美, 福堀順敏, 森康則, 北村尚, Miroslaw Janik, 片岡賢英, 杉原真司, 緒方良至, 和田真由美, 向高弘

    第66回日本薬学会近畿支部大会,高槻
    腫瘍発現分子のインビボ磁気共鳴/光音響デュアルイメージングを目指した酸化鉄粒子を基盤とする分子プローブの創製
    佐野紘平
    支部奨励賞受賞者講演

    第55回日本薬学会中国四国支部学術大会,岡山
    核磁気共鳴画像法による卵巣癌診断能の向上を目的とした自己組織化ナノ粒子プローブの開発
    香本祥汰, 萩森政頼, 向高弘, 上田真史

    第55回日本薬学会中国四国支部学術大会,岡山
    アルツハイマー病における認知機能低下の画像バイオマーカーとしてのニコチン/NMDA受容体イメージングの可能性比較
    松浦有希, 上田真史, 佐野紘平, 佐治英郎, 榎本秀一

    第56回日本核医学会学術総会,名古屋
    RI/蛍光デュアルイメージングプローブ開発に向けた放射性ヨウ素標識BODIPYの有用性評価
    池畑裕貴, 小野正博, 吉村優志, 丁寧, 渡邊裕之, 佐野紘平, 佐治英郎

    第56回日本核医学会学術総会,名古屋
    アルツハイマー病モデルマウスの認知機能と脳糖代謝率およびニコチン受容体密度変化の相同性評価
    松浦有希, 上田真史, 檜垣佑輔, 佐野紘平, 佐治英郎, 榎本秀一

    日本核酸医薬学会第2回年会,東京
    自然免疫活性化による感染症予防を目的としたCpG DNA徐放DNAハイドロゲルの開発
    齋藤昌朗, 野村大貴, 菅田謙治, 松岡雅雄, 高橋洋介, 佐野紘平, 佐治英郎, 高橋有己, 高倉喜信, 西川元也

    第33回日本薬学会九州支部大会,鹿児島
    還元型テトラジン誘導体と生体膜構成脂質の相互作用評価
    中原広道, 萩森政頼, 向高弘, 柴田攻

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
兵庫県神戸市東灘区
本山北町4-19-1
(郵便番号 658-8558)
Tel
078-441-7540
Fax
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp(@を半角に変換してください)
© 2012 Kobe Pharmaceutical University. All rights reserved.