研究業績 Publication

薬品物理化学研究室では、スタッフ、大学院生、ゼミ生、研究生により、活発な研究活動を行っています。


2012年の主な研究業績を紹介します。


2017年業績
2016年業績
2015年業績
2014年業績
2013年業績
2011年業績

論文

  • 2012

    Chem. Phys. Lipids 2012, 165 (1), 51-58.
    Comparative study on the interaction of cell-penetrating polycationic polymers with lipid membranes
    Takechi Y., Tanaka H., Kitayama H., Yoshii H., Tanaka M., Saito H.

    Chem. Pharm. Bull. 2012, 60, 235-240.
    5-O-(4-[125I]Iodobenzyl)-L-ascorbic acid: electrophilic radioiodination and biodistribution in mice
    Kim J., Kino T., Kato H., Yamamoto F., Sano K., Mukai T., Maeda M.

    Beilstein J. Org. Chem. 2012, 8, 266-274.
    Synthesis, solid-state fluorescence properties, and computational analysis of novel 2-aminobenzo[4,5]thieno[3,2-d]pyrimidine 5,5-dioxides
    Yokota K., Hagimori M., Mizuyama N., Nishimura Y., Fujito H., Shigemitsu Y., Tominaga Y.

    Dyes Pigm. 2012, 92, 1069-1074.
    Synthesis of 6-(4-diethylamino)-phenyl-2-oxo-2H-pyran-3-carbonitorile derivatives and their fluorescence in solid state and in solutions
    Hagimori M., Mizuyama N., Yokota K., Nishimura Y., Suzuta M., Tai C.-K., Wang B.-C., Wang S.-L., Shih T.-L., Wu K.-D., Huang Z.-S., Tseng S.-C., Chen C.-Y., Lu J.-W., Wei H.-H., Kawashima K., Kawashima S., Tominaga Y.

ページトップへもどる

著書

  • 2012

    京都廣川書店 2012, 「HUMAN READER 生命科学英語 ―life and disease―」
    編著:児玉典子(田中将史ら著)

    FBNews 2012, 428, 1-5
    ラドン濃度変動と地震-地震先行現象の痕跡を排気モニターに求めて-
    安岡由美, 長濱裕幸, 鈴木俊幸, 本間好, 向高弘

ページトップへもどる

学会発表(国際学会)

  • 2012

    International Symposium on the Natural Radiation Exposures and Low Dose Radiation Epidemiological Studies 2012, Hirosaki
    Atmospheric radon variation before and after the 2011 Tohoku Earthquake (Mw = 9.0)
    Yasuoka Y., Tsuge M., Miyamoto S., Nagahama H., Suzuki T., Homma Y., Kubota K., Mukai T.

    International Symposium on the Natural Radiation Exposures and Low Dose Radiation Epidemiological Studies 2012, Hirosaki
    Evaluation of the efficiency of simplified liquid scintillation counter for measuring 222Rn concentration in water using high efficiency mineral oil scintillator
    Araki S., Tanaka R., Yasuoka Y., Mukai T., Takizawa H., Ohnuma S., Horiuchi K., Ishikawa T., Fukuhori N., Furukawa M., Tokonami S.

    The Society of Nuclear Medicine 59th Annual Meeting, Miami Beach
    Sentinel lymph node imaging with a novel radiolabeled γ-polyglutamic acid complex
    Sano K., Iwamiya Y., Kurosaki T., Ogawa M., Magata Y., Sasaki H., Oshima T., Maeda M., Mukai T.

    XVIIth International Workshop on Quantum Systems in Chemistry and Physics, Turku
    Quantum chemical studies on the photophysical properties of pyrrolo[3,4-b]quinolizines
    Shigemitsu Y., Hagimori M., Tominaga Y.

ページトップへもどる

学会発表(国内学会)

  • 2012

    日本薬学会第132年会, 札幌
    ヒト血清アミロイドA(SAA)の中間領域の線維形成能評価
    高瀬ひろか, 宮川幸子, 田中将史, 斎藤博幸, 向高弘
    学生優秀発表賞受賞

    日本薬学会第132年会, 札幌
    腫瘍特異的に発現する酵素GnT-Vを標的とした放射性イメージング剤の開発に向けた基礎的検討
    有光健治, 木村寛之, 梶本哲也, 天野博夫, 三鴨睦, 小野正博, 向高弘, 間賀田泰寛, 大桃善朗, 野出學, 山下正行, 佐治英郎

    日本薬学会第132年会, 札幌
    Vanillin 化合物類の構造とAGE 生成阻害活性の関係について
    篠原愛花, 向高弘, 上垣内みよ子, 尹康子, 友尾幸司, 石田寿昌

    日本薬学会第132年会, 札幌
    Yucatan Micropig Skinを用いた低分子量へパリン-TEAクリームの皮膚透過性検討
    萩森政頼, 浅田静香, 竹藤有加, 神谷誠太郎

    日本薬学会第132年会, 札幌
    NaIを用いた新規Friedel-Craftsアシル化反応
    田中啓太郎, 萩森政頼, 山口泰史

    日本薬剤学会第27年会, 神戸
    血栓症に対する皮膚適用製剤としての低分子量ヘパリン-TEAクリームの有用性の検討
    萩森政頼, 神谷誠太郎

    第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 金沢
    生体内亜鉛イオンの可視化を目的としたピピリジン系蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 向高弘, 山口泰史, 佐治英郎, 富永義則

    第49年会化学関連支部合同九州大会, 北九州
    ルイス酸フリーのFriedel-Craftsアシル化反応の開発
    濵崎翔平, 萩森政頼, 田中啓太郎, 山口泰史

    日本膜学会第34年会, 東京
    ApoA-I Iowa (G26R) 変異によるアミロイド線維形成
    足立愛美, 大城真紀, 中嶋宏之, 田中将史, 馬場照彦, Sissel Lund-Katz, Michael C. Phillips, 斎藤博幸

    日本保健物理学会第45回研究発表会, 名古屋
    排気モニター(通気式電離箱)による空気中ラドン濃度測定について
    安岡由美, 長濱裕幸, 鈴木俊幸, 本間好, 石川徹夫, 床次眞司, 向高弘, 柘植麻里奈, 宮本荘子, Miroslaw Janik, 反町篤行, 細田正洋

    第10回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF)2012, 京都
    血清アミロイドAの構造安定性と線維形成能の検討
    高瀬ひろか, 山田俊幸, 田中将史, 向高弘
    若手研究者奨励賞受賞

    第10回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF)2012, 京都
    亜鉛イオンに対して高親和性を有する低分子量蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 天満敬, 向高弘, 山口泰史, 富永義則, 佐治英郎

    第42回複素環化学討論会, 京都
    高蛍光性2-ピロン誘導体の合成と固体および溶液状態における蛍光特性
    萩森政頼, 水山奈央子, 重光保博, 向高弘, B.-C. Wang, S.-L. Wang, H.-H. Wei, 富永義則

    第42回複素環化学討論会, 京都
    Pyrrolo[3,4-b]quinolizine 類の光物性に関する量子化学解析
    重光保博, 萩森政頼

    第62回日本薬学会近畿支部大会, 西宮
    分子内電荷移動制御によるオン‐オフ型亜鉛蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 向高弘, 山口泰史, 富永義則, 佐治英郎

    第62回日本薬学会近畿支部大会, 西宮
    カチオン性ポリペプチドと酸性脂質膜の相互作用解析―ポリペプチド-膜間相互作用に与えるアルギニンとリジンの影響―
    武知佑樹, 田中宏和, 北山裕貴, 吉井遙, 田中将史, 岡村恵美子, 斎藤博幸

    地球電磁気・地球惑星圏学会第132回総会及び講演会,札幌
    2011年東北地方太平洋沖地震(MW = 9.0)前の大気中ラドン濃度変動
    長濱裕幸,安岡由美,鈴木俊幸,本間好,武藤潤,多鹿優佳里,関明日香

    日本放射線安全管理学会第11回学術大会, 大阪
    排気モニターによる大気中ラドン 濃度測定 その1:RI施設の影響
    多鹿優佳里,安岡由美,長濱裕幸,鈴木俊幸,本間好,石川徹夫,床次眞司,反町篤行,細田正洋,Miroslaw Janik,向高弘

    日本放射線安全管理学会第11回学術大会, 大阪
    排気モニターによる大気中ラドン 濃度測定 その2:3地点(札幌・福島・岡崎)における平年変動の解析
    中村沙紀,安岡由美,長濱裕幸, 鈴木俊幸,本間好,坂下守,向高弘

    日本放射線安全管理学会第11回学術大会, 大阪
    排気モニターによる大気中ラドン濃度測定 その3:札幌医科大学における変動
    畠中弘哉,安岡由美,長濱裕幸,坂下守,向高弘

    第85回日本生化学会大会, 福岡
    血清アミロイドAの線維形成を促進するグリコサミノグリカンの構造要因
    高瀬ひろか, 山本亜季, 渡部志織, 田中将史, 向高弘

    第85回日本生化学会大会, 福岡
    アポリポ蛋白質A-Iと細胞膜との相互作用における酸化リン脂質の影響
    田中将史,武吉美咲,向高弘

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
兵庫県神戸市東灘区
本山北町4-19-1
(郵便番号 658-8558)
Tel
078-441-7540
Fax
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp(@を半角に変換してください)
© 2012 Kobe Pharmaceutical University. All rights reserved.