研究業績 Publication

薬品物理化学研究室では、スタッフ、大学院生、ゼミ生、研究生により、活発な研究活動を行っています。


2011年の主な研究業績を紹介します。


2017年業績
2016年業績
2015年業績
2014年業績
2013年業績
2012年業績

論文

  • 2011

    Arch. Biochem. Biophys. 2011, 511, 101-106.
    Identification of regions responsible for heparin-induced amyloidogenesis of human serum amyloid A using its fragment peptides
    Egashira M., Takase H., Yamamoto I., Tanaka M., Saito H.

    Langmuir 2011, 27, 7099-7107.
    Physicochemical mechanism for the enhanced ability of lipid membrane penetration of polyarginine
    Takechi Y., Yoshii H., Tanaka M., Kawakami T., Aimoto S., Saito H.

    Biochim. Biophys. Acta 2011, 1811, 25–30.
    Influence of N-terminal helix bundle stability on the lipid-binding properties of human apolipoprotein A-I
    Tanaka M., Dhanasekaran P., Nguyen D., Nickel M., Takechi Y., Lund-Katz S., Phillips M.C., Saito H.

    Bioorg. Med. Chem. 2011, 19, 4312-4321.
    Synthesis and evaluation of a radioiodinated trisaccharide derivative as a synthetic substrate for a sensitive N-acetylglucosaminyltransferase V radioassay
    Mukai T., Hagimori M., Arimitsu K., Katoh T., Ukon M., Kajimoto T., Kimura H., Magata Y., Miyoshi E., Taniguchi N., Node M., Saji H.

    Chem. Pharm. Bull. 2011, 59, 938-946.
    11C-Labeled analogs of indomethacin esters and amides for brain cyclooxygenase-2 imaging: radiosynthesis, in vitro evaluation and in vivo characteristics in mice
    Yamamoto Y., Toyohara J., Ishiwata K., Sano K., Yamamoto F., Mukai T., Maeda M.

    Mol. Imaging Biol. 2011, 13, 1003-1010.
    PET imaging of hypoxia-inducible factor-1-active tumor cells with pretargeted oxygen-dependent degradable streptavidin and a novel 18F-labeled-biotin derivative
    Kudo T., Ueda M., Konishi H., Kawashima H., Kuge Y., Mukai T., Miyano A., Tanaka S., Kizaka-Kondoh S., Hiraoka M., Saji H.

    Heterocycles 2011, 83, 1983-1988.
    Synthesis of fluorescent pyrrolo[3,4-b]quinolizine derivatives and evaluation as a protein-labeling probe
    Hagimori M., Mizuyama N., Yokota K., Morinaga O., Yamaguchi Y., Saji H., Tominaga Y.

    Talanta 2011, 83, 1730-1735.
    A novel small molecule fluorescent sensor for Zn2+ based on pyridine-pyridone scaffold
    Hagimori M., Mizuyama N., Yamaguchi Y., Saji H., Tominaga Y.

ページトップへもどる

著書

  • 2011

    廣川書店 2011, NEW放射化学・放射薬品学 第2版
    編集:佐治英郎(向高弘ら著)

ページトップへもどる

学会発表(国際学会)

  • 2011

    The Society of Nuclear Medicine 58th Annual Meeting, San Antonio
    A radiogallium-DOTA-based bivalent peptidic ligand targeting a chemokine receptor, CXCR4, for imaging tumors
    Sano K., Masuda R., Oishi S., Hisada H., Shimokawa K., Fujii N., Saji H., Mukai T.

    19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences, Amsterdam
    Development of a radioiodinated trisaccharide derivative as a synthetic substrate for sensitive N-acetylglucosaminyltransferase V radioassay
    Mukai T., Hagimori M., Arimitsu K., Katoh T., Ukon M., Kajimoto T., Kimura H., Magata Y., Miyoshi E., Taniguchi N., Node M., Saji H.

    2011 World Molecular Imaging Congress, San Diego
    Radiolabeled γ-polyglutamic acid complex for the detection of sentinel lymph node
    Sano K., Iwamiya Y., Kurosaki T., Ogawa M., Magata Y., Sasaki H., Oshima T., Maeda M., Mukai T.

ページトップへもどる

学会発表(国内学会)

  • 2011

    日本薬学会第131年会, 静岡
    膜曲率センサーとして働くアポA-Iの構造要件の検討
    田中将史, 高村有希, 川上徹, 相本三郎, 斎藤博幸

    日本薬学会第131年会, 静岡
    Pyridine-Pyridone 骨格を用いた新規亜鉛蛍光プローブの開発
    萩森政頼, 水山奈央子, 山口泰史, 佐治英郎, 富永義則

    日本膜学会第33年会, 東京
    両親媒性ペプチドの膜曲率認識におけるアミノ酸置換の影響
    田中将史, 髙村有希, 川上徹, 相本三郎, 斎藤博幸

    第6回日本分子イメージング学会学術集会, 神戸
    センチネルリンパ節イメージングを目的とした放射性標識γ-ポリグルタミン酸複合体の開発
    佐野紘平, 岩宮由梨子, 黑﨑友亮, 小川美香子, 間賀田泰寛, 佐々木均, 大嶋孝志, 前田稔, 向高弘

    日本温泉科学会第64回大会, 神戸
    High Efficiency Mineral oil(ミネラルオイルシンチレータ)による水中ラドン直接測定法(2層)の検討1
    安岡由美, 大沼章子, 堀内公子, 滝沢英夫, 石川徹夫, 床次眞司, 福堀順敏, 杉原真司, 後藤稔男, 尾上昌平, 片岡賢英, 横田繁昭, 田中里沙, 荒木沙織, 向高弘

    日本温泉科学会第64回大会, 神戸
    High Efficiency Mineral oil(ミネラルオイルシンチレータ)による水中ラドン直接測定法(2層)の検討2:簡易型液体シンチレーションカウンタを用いた場合
    田中里沙, 荒木沙織, 安岡由美, 大沼章子, 堀内公子, 滝沢英夫, 石川徹夫, 床次眞司, 福堀順敏, 杉原真司, 古川雅英, 向高弘

    第84回日本生化学会大会, 京都
    グリコサミノグリカンによるヒト血清アミロイドAの線維形成部位の検討
    高瀬ひろか, 山本亜季, 宮川幸子, 田中将史, 斎藤博幸, 向高弘

    第61回 日本薬学会近畿支部大会, 神戸
    アポA-I と生体モデル膜との相互作用における膜の曲率及び脂質組成の影響
    高村有希, 武吉美咲, 田中将史, 向高弘
    ポスター賞受賞

    第61回 日本薬学会近畿支部大会, 神戸
    硫酸化度の異なるグリコサミノグリカンがヒト血清アミロイドAの線維形成に与える影響
    高瀬ひろか, 山本亜季, 田中将史, 斎藤博幸, 向高弘

    第50回日本薬学会東北支部大会, 仙台
    COX-2 イメージングを目的としたnimesulide 誘導体の合成
    山本由美, 長嶋春香, 森本浩之, 向高弘, 大嶋孝志, 齋藤陽平, 山本文彦, 大久保恭仁, 前田稔

    日本放射線安全管理学会第10回学術大会, 横浜
    RI排気モニターによる大気中ラドン濃度測定:東北地方太平洋沖地震の場合
    安岡由美, 宮本荘子, 鈴木俊幸, 本間好, 長濱裕幸, 向高弘

    第11回放射性医薬品・画像診断研究会, 京都
    ケモカイン受容体CXCR4を標的とする放射性ガリウム標識マルチメリックペプチドの開発
    久田隼人, 佐野紘平, 増田 亮, 大石真也, 下川研太, 藤井信孝, 佐治英郎, 向高弘

    第11回放射性医薬品・画像診断研究会, 京都
    腫瘍特異的に発現する酵素GnT-Vを標的とした放射性イメージング剤の開発研究
    有光健治, 木村寛之, 梶本哲也, 天野博夫, 三鴨睦, 小野正博, 向高弘, 間賀田泰寛, 大桃善朗, 野出學, 山下正行, 佐治英郎

    第34回情報化学討論会, 長崎
    アリールカルボニトリル類の光物性に関する計算化学解析
    重光保博, 西村泰央, 萩森政頼, 富永義則

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
兵庫県神戸市東灘区
本山北町4-19-1
(郵便番号 658-8558)
Tel
078-441-7540
Fax
078-441-7541
E-mail
biophys@kobepharma-u.ac.jp(@を半角に変換してください)
© 2012 Kobe Pharmaceutical University. All rights reserved.