トップページ >> 学部・大学院 >> 大学院科目等履修生・聴講生

大学院科目等履修生・聴講生

大学院薬科学専攻修士課程 昼夜開講制コース

神戸薬科大学大学院では、2000年(平成12年)から、実践的内容で薬学における最新の動向を学ぶことを希望される社会人の方々のために、金曜日の夜間や土曜日の午後に集中して開講する昼夜開講制コースを設置しています。
この昼夜開講制コースの開講科目は、臨床薬学に関連する実践的な科目及び基礎薬学科目を加え、本学教授陣を中心に、医療現場の第一線で活躍されている医師も講師に迎えて開講していきます。
開講されている科目を1科目ごとに履修し、大学院授業科目としての単位が授与される「科目等履修生」としての受講や、種々の講義が聴講でき神戸薬科大学エクステンションセンターからの研修単位付与がある「聴講生」としての受講ができます。

2014年度(平成26年度)前期・通年

開講科目
募集人員
受講資格

大学卒業者。あるいは本学大学院においてこれらと同等以上の学力があると認めた者。

詳細についてはこちらの資料をご覧ください。

大学院薬学専攻博士課程 昼夜開講制コース

神戸薬科大学大学院では、2000年(平成12年)から開講してきた修士課程昼夜開講制コースに加えて、2012年(平成24年)から新たに設置した4年制博士課程においても、実践的内容で薬学における最新の動向を学ぶことを希望される社会人の方々のために、金曜日の夜間や土曜日の午後に集中して昼夜開講制コースとして開講することとなりました。開講科目は、特に臨床薬学に関連する実践的な科目で、本学教授陣を中心に開講していきます。
開講されている科目を1科目ごとに履修し、大学院授業科目としての単位が授与される「科目等履修生」としての受講や、種々の講義が聴講でき神戸薬科大学エクステンションセンターからの研修単位付与がある「聴講生」としての受講ができます。

2014年度(平成26年度)前期

開講科目
募集人員
受講資格

修士課程修了者または、6年制課程の薬学部、医学部、歯学部、獣医学部を卒業した者。あるいは本学大学院においてこれらと同等以上の学力があると認めた者。

詳細についてはこちらの資料をご覧ください。

薬科学専攻修士課程/薬学専攻博士課程 共通

出願締切
  • 前期開講科目 2014年2月17日(月)
  • 後期開講科目 2014年7月14日(月)予定

[受付時間:土曜・日曜・祝日を除く平日の9時〜17時]いずれも、書留便で締切日必着とします。

選考方法

書類選考の上、科目等履修生及び聴講生を決定します。
選考結果については、前期は3月上旬、後期は7月中旬に通知するとともに手続書類(許可書、科目等履修生登録届及び納付書)を送付します。

納付金等

科目等履修生及び聴講生として許可された者は、指定期日内に次のものを提出してください。指定期日中に手続きを履行しないときは許可を取り消します。

  1. 登録料:10,000 円(初年度のみ)
  2. 履修科目(講義)1科目2単位につき20,000円(聴講生は10,000円)
  3. 科目等履修生登録届(科目等履修生のみ)、誓約書
  4. 納付締切日 前期 2014年3月12日(水)、後期 未定

金融機関(郵便局を除く)から指定の振込用紙で振込(電信扱い)をしてください。

科目等履修生・聴講生

〔科目等履修生〕
開講されている科目を1科目ごとに履修し、試験等を受け、単位を修得できる制度です。後に本学大学院に入学した場合は、入学時点より溯って3年以内に修得した単位のうち、修士課程は8単位、博士課程は4単位を超えない範囲で既得単位として認定します。なお、科目等履修生への神戸薬科大学エクステンションセンターによる研修単位付与はありません。

〔聴講生〕
開講されている科目を1科目ごとに聴講する制度です。ただし、単位の修得はできませんが、希望される方には、神戸薬科大学エクステンションセンターによる生涯研修支援プログラムの一環として研修単位の付与があり、この単位は、神戸薬科大学認定薬剤師に申請する際、修得単位として認められます。すべての講義終了後、薬剤師免許をお持ちの方に申請書類をお送りしています。

注意事項
  1. 一度提出した書類及び納付金は返却しません。
  2. 提出書類に虚偽の記載があった場合には、許可を取り消します。
  3. 講義日程・講義内容等は、都合により変更することがあります。その際、受講者へ個別にお知らせいたします。
  4. 通年科目を受講される方への後期開講科目の日程等の連絡は、後日お知らせいたします。
  5. 受講希望者が少人数となった場合には、未開講とさせていただくことがあります。その場合、納付金を返却いたします。

このページのトップに戻る