研究不正防止に向けた基本方針

神戸薬科大学は、文部科学大臣決定の「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」及び「神戸薬科大学における研究活動に係る行動規範」に基づき、最高管理責任者である学長の統括の下での研究不正防止のための組織的な体制と対策により、研究活動における不正行為の防止及び公的研究費の適正な運営・管理を行い、本学の学術研究の更なる発展に努めることを研究不正防止に向けた基本方針とします。

基本方針に基づく体制と対策

1.神戸薬科大学における責任体制

本学における各責任者の責任範囲と権限、及び相互関係は以下のとおりです。

最高管理責任者(学長)

最高管理責任者は、本学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負うものとし、学長とします。

公的研究費統括管理責任者(事務局長)

公的研究費統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者とし、事務局長とします。

コンプライアンス推進責任者・研究不正行為防止責任者・研究倫理教育責任者(副学長)

コンプライアンス推進責任者は、競争的資金等の不正使用防止を図るため、競争的資金等の運営・管理に係る全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施する者とします。そして、競争的資金が適切に管理、執行されているか、実施状況を確認し、必要に応じて改善を指導する者とし、副学長がこれを行います。研究不正行為防止責任者は、研究倫理教育責任者を兼ね、研究活動を行う全ての構成員に対し、研究者倫理に関する知識を定着、更新させるため、研究倫理教育を実施するなど研究不正防止に係る施策を指導する者とし、副学長がこれを行います。

神戸薬科大学における研究不正防止のための管理・監査体制

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

(1)ルールの明確化・統一化

公的研究費の運営・管理に関する規程等を定め、ルールの統一化を図ります。
科研費説明会及びコンプライアンス教育実施時においてルールの周知を行います。

神戸薬科大学における研究不正防止のための管理・監査体制
神戸薬科大学における研究活動に係る行動規範
神戸薬科大学においての研究活動における不正防止に関する規程
神戸薬科大学研究不正防止委員会規程
神戸薬科大学においての研究活動における不正行為に係る調査等に関する規程
学校法人神戸薬科大学経理規程
研究費による物品・役務の発注と検収に関する方針
物品発注・検収体制フロー図
旅費執行フロー図
アルバイト謝金執行フロー図
学校法人神戸薬科大学内部監査規程
学校法人神戸薬科大学就業規則(抄)

(2)職務権限の明確化

公的研究費の事務処理は、次の各部署で業務分担します。

担当部署 担当業務
総務課 公的研究費申請関係、通報・相談窓口
経理課 研究費の管理、検収
施設課 発注、検収(一部の機器等)
内部監査室 内部監査
神戸薬科大学における研究不正防止のための管理・監査体制

(3)関係者の意識向上

  • 1.公的研究費の運営・管理にかかわる全ての構成員に対し、本学の研究不正防止対策に関する方針及びルール等に関するコンプライアンス教育を実施し、受講者の受講状況及び理解度を把握するとともに、誓約書の提出を求めます。
  • 2.本学において研究活動を行う全ての構成員に対し、研究倫理教育を実施し、研究についての倫理観を高めるよう努めます。
  • 3.研究活動の運営・管理にかかわる本学の構成員に対する行動規範を定めます。
    神戸薬科大学における研究活動に係る行動規範

(4)通報・相談窓口の設置について

内外からの通報や相談を受け付ける窓口を総務課に置きます。

神戸薬科大学においての研究活動における不正防止に関する規程
研究費不正使用に関する通報・相談窓口

(5)研究不正に係る調査の体制・懲戒処分等について

研究不正やその疑惑が発生したときは、「神戸薬科大学においての研究不正に係る調査等に関する規程」に基づき、調査及び必要な措置を講じます。また、「神戸薬科大学就業規則」に従い、然るべき懲戒処分を行います。

神戸薬科大学における研究不正防止のための管理・監査体制
神戸薬科大学においての研究活動における不正行為に係る調査等に関する規程
学校法人神戸薬科大学就業規則(抄)

3.研究不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

最高管理責任者は、神戸薬科大学研究不正防止委員会を設置し、研究不正発生要因及び研究データ管理の把握と不正防止計画の策定、実施を行います。

神戸薬科大学においての研究活動における不正防止に関する規程
神戸薬科大学研究不正防止委員会規程

4.研究費の適正な運営・管理

本学における各責任者の責任範囲と権限、及び相互関係は以下のとおりです。

(1)予算執行状況の検証について

  • 予算の執行は、神戸薬科大学経理規程に従い、行います。
    神戸薬科大学経理規程
  • 公的研究費総括管理責任者は、公的研究費の執行状況を検証し、問題がないかを確認します。執行状況の著しい遅れがあれば、改善策を講じます。

(2)物品の納品検収について

公的研究費で購入した物品は、納入時に検収を行います。

研究費による物品・役務の発注と検収に関する方針
物品発注・検収体制フロー図
取引業者の皆様へ -研究費の不正使用防止に関するご協力のお願い-

(3)旅費とアルバイト謝金の支払は、以下の手順で行います。

旅費執行フロー図
アルバイト謝金執行フロー図

内部監査について

公的研究費の内部監査は、内部監査室が行います。

学校法人神戸薬科大学内部監査規程

参考

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(文部科学省HP)
研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(文部科学省HP)