研究重視の教育姿勢

薬剤師育成のための教育だけでなく研究に力を入れるのが、本学の創立以来の伝統です。4年次には全員研究室に属するとともに、低学年のうちから研究室を経験する「アクティブ・ラボ」を推進しています。

低学年から研究室に所属することで、
研究マインドを醸成するアクティブ・ラボ

本学は薬剤師として社会に貢献できる人材の育成に取組む一方、教員と学生の研究活動を重視しています。「アクティブ・ラボ」は低学年から研究室に所属し、研究活動をとおして研究マインドの醸成と薬学に対するモチベーション向上を目的としています。コアカリキュラム上のアドバンスト教育(G)のひとつとして学生のニーズや将来の進路に合わせて自由に研究分野を選択することができます。自発的なアクションから学びの質を向上させるアクティブ・ラーニングの入口と位置づけています。

研究重視の教育姿勢

4年次には全員が研究室に所属し
卒業研究に取組み問題解決能力を醸成

研究マインドの醸成を重視する本学では4年次から全員が研究室に配属され、実務実習以外の時間は研究室で卒業研究に取組みます。卒業研究は国家試験対策とは異なり、自らが目標を設定し、実験・研究を進めることで、予期せぬ事態を打開する問題解決能力や論理的に思考を重ねる研究マインドをさらに身につけていきます。6年次の卒業研究では、実験、調査研究など卒業研究の総仕上げに取組むことで、プレゼンテーションや論文作成能力を磨きます。

研究重視の教育姿勢