研究テーマ

薬剤の有効で安全な投与法とその評価

薬剤学研究室では、有効で安全な薬物投与法の研究を行っています。医薬品開発、医薬品適正使用に関連する臨床研究情報を使用した解析等を行い、疾患の治療や予防における医薬品の有効性や安全性について研究しています。また、ワルファリンと他の薬物、製剤添加物との相互作用について検討することにより、薬物の薬効の持続化や副作用軽減を図る研究に取り組んでいます。さらに、培養細胞や動物を用いて、抗がん剤の効果や副作用に関しての情報を提供することを目指しています。

スタッフ

岩川 精吾

岩川 精吾 教授

担当科目:薬物動態学II 臨床薬物動態学 薬剤学・製剤学実習 薬剤学特論(大学院) 臨床薬剤学特論(大学院)
学位:博士 (薬学)

上田 久美子

上田 久美子 講師

担当科目:薬物動態学I 薬剤学・製剤学実習 薬剤学特論(大学院)
学位:博士 (薬学)

所属学会:日本薬学会、日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本医療薬学会 等

細川 美香

細川 美香 助教

担当科目:薬学英語入門I・II 薬剤学・製剤学実習
学位:博士 (薬学)

所属学会:日本薬学会、日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本医療薬学会

田中 章太

田中 章太 特任助教

研究成果

Tanaka S, Hosokawa M, Yonezawa T, Hayashi W, Ueda K, Iwakawa S.
Induction of epithelial-mesenchymal transition and down-regulation of miR-200c and miR-141 in oxaliplatin-resistant colorectal cancer cells.
Biol Pharm Bull, 38, 435-440 (2015).

Hosokawa M, Saito M, Nakano A, Iwashita S, Ishizaka A, Ueda K, Iwakawa S.
Acquired resistance to decitabine and cross-resistance to gemcitabine during the long-term treatment of human colorectal cancer HCT116 cells with decitabine.
Oncol Lett, 10, 761-767 (2015).

Ikehata M, Ogawa M, Yamada Y, Tanaka S, Ueda K, Iwakawa S.
Different effects of epigenetic modifiers on the cytotoxicity induced by 5-fluorouracil, irinotecan or oxaliplatin in colon cancer cells.
Biol Pharm Bull, 37, 67-73 (2014).

Effect of fibrile state on theophylline clearance in asthmatic acute phase in Japanese pediatric patients.
Igarashi T, Iwakawa S.
Jpn J Pharm Health Care Sci, 40, 100-108 (2014).