研究テーマ

『情報』というと、簡単に取り出せ、そのまま利用できる便利な『物』とイメージする人もいるでしょう。医療でも電子化が進んでいますが、画面上の『物』に対しているのではなく、画面の向こう側に『患者さん』がイメージできないようでは、機械的で『薬剤師』が本当に必要かわからない作業になってしまうのではないでしょうか。
そこで『薬剤師らしく情報を評価・活用する』能力を育むことを目指して、臨床情報の解析・研究を行っています。

・成長可能な医薬品適正使用評価情報共有データベースの構築と教育的活用
・臨床情報を用いた副作用発現因子の解析・疫学的調査

スタッフ

土生 康司

土生 康司 講師

担当科目:医薬品情報学、情報リテラシー、薬学入門、機能性製剤学、実務実習事前教育、薬学研究基盤形成教育(大学院)
学位:博士(薬)

【経歴】
2003.4~薬剤師として大学病院に入職。医薬品情報室主任をはじめとするセントラル業務にあたるとともに、病棟では、がん患者の薬剤管理を中心に関わり、がんサポートチーム(緩和ケアチーム)の一員としても活動、就任中には日本病院薬剤師会のがん薬物療法認定薬剤師の認定を受けた。
2013.10~本学

【所属学会等】
日本医療薬学会、日本医薬品情報学会、日本薬学会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会

研究成果

論文
1.オキシコドン併用がワルファリン服用がん患者のプロトロンビン時間に及ぼす影響
  細川 実緒, 土生 康司, 矢野 育子, 深津 祥央, 岸本 寛史, 横出 正之, 桂 敏也   
  医療薬学 38 p258-264 (2012).
2.Comparison of the effects of azole antifungal agents on the anticoagulant
  activity of warfarin.
  Yamamoto H, Habu Y, Yano I, Ozaki J, Kimura Y, Sato E, Shida A,
  Fukatsu S, Matsubara K.   
  Biol. Pharm. Bull., 37 p1990-1993 (2014).
3.基礎から臨床までを繋げる分野横断的統合型初年次導入教育「薬学入門」の学習効果
  八巻耕也、上田昌史、上田久美子、江本憲昭、水谷暢明、池田宏二、八木敬子、田中将史、
  土生康司、中山喜明、武田紀彦、森脇健介、北河修治
  YAKUGAKU ZASSHI 136, p1051-64 (2016).


学会発表
1.小児における抗菌薬投与時の下痢発現要因
  一橋 美冴1, ○土生 康司1, 小松 絵美2, 木下 里紗2, 大庭 真美2, 林 淳雄2, 松村 友和2,
  籠本 基成2, 小林 政彦2, 杉山 正敏1(1神戸薬大, 2大阪赤十字病院薬)
  日本薬学会第135年会(2015).
2.大阪赤十字病院における免疫抑制・化学療法によるHBV 再活性化対策の現状と課題
  ○川西 晶子1, 土生 康司1, 森本 涼歩1, 平井 三保子2, 林 淳雄2, 辻井 佳代2, 籠本 基成2,
  小林 政彦2, 杉山 正敏1(1神戸薬大, 2大阪赤十字病院薬)
  日本薬学会第136年会(2016).
3.初年次生に対する分野横断的統合型教育科目「薬学入門」の学習効果
  ○土生 康司1, 八巻 耕也1, 上田 昌史1, 上田 久美子1, 江本 憲明1, 水谷 暢明1,
  池田 宏二1, 八木 敬子1, 田中 将史1, 中山 善明1, 武田 紀彦1, 森脇 健介1, 北河 修治1(1神戸薬大)
  日本薬学会第136年会(2016).
4.薬学統合学習の構築~臨床薬学-薬理学-有機化学の橋渡し教育を目指して~ 
  ○水谷 暢明1、土生 康司1、宮田 興子1(1神戸薬大)
  第1回薬学教育学会(2016).
5.プレドニゾロン使用時のB型肝炎再活性化の対策と実施状況
  ○冨田 真理1, 谷本 祐子2, 上田 佳澄2, 辻井 佳代2, 土生 康司1, 杉山 正敏1,
  大﨑 往夫3, 小林 政彦2(1神戸薬大, 2大阪赤十字病院薬, 3大阪赤十字病院消化器内科)
  日本薬学会第137年会(2017).