研究室オリジナルHP

臨床薬学研究室

研究テーマ

基礎研究成果を臨床医学薬学に展開する トランスレーショナルリサーチの実践

循環器疾患や生活習慣病を中心とした臨床課題に対するトランスレーショナルリサーチ、すなわち重要な生命科学現象の分子機構を明らかにし、その成果を病態の解明や新たな薬物治療法の開発に展開する研究を目指しています。

スタッフ

江本 憲昭

江本 憲昭 教授

担当科目:機能形態学 薬物治療学III 薬物治療学V 実務実習事前教育 処方解析学
学位:博士(医学)

池田 宏二

池田 宏二 准教授

担当科目:薬物治療学III 薬物治療学V 実務実習事前教育 処方解析学
学位:博士(医学)

八木 敬子

八木 敬子 講師

担当科目:薬物治療学III 薬物治療学V 実務実習事前教育 処方解析学
学位:博士(医学)

宮川 一也

宮川 一也 特任助教

研究成果

1. Matsuo K, Akakabe Y, Kitamura Y, Shimoda Y, Ono K, Ueyama T, Matoba S, Yamada H, Hatakeyama K, Asada Y, Emoto N, Ikeda K. Loss of Apoptosis Regulator through modulating IAP expression (ARIA) Protects Blood Vessels from Atherosclerosis. (2014) J Biol Chem. [in press]

2. Van Hung T, Emoto N, Vignon-Zellweger N, Nakayama K, Yagi K, Suzuki Y, Hirata K. Inhibition of vascular endothelial growth factor receptor under hypoxia causes severe, human-like pulmonary arterial hypertension in mice: Potential roles of interleukin-6 and endothelin. (2014) Life Sci. 24;118(2):313-28.

3. Taniguchi Y, Miyagawa K, Nakayama K, Kinutani H, Shinke T, Okada K, Okita Y, Hirata KI, Emoto N. Balloon pulmonary angioplasty: an additional treatment option to improve the prognosis of patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension. (2014) Euro Intervention. 10(4):518-25.

4. Miyagawa K, Iwasa N, Nakayama K, Hirata K, Emoto N. Pregnancy and delivery in women with renovascular hypertension due to multiple intrarenal microaneurysms: a report of two cases. (2014) Intern Med. 53(20):2325-8.

5. Heiden S, Vignon-Zellweger N, Masuda S, Yagi K, Nakayama K, Yanagisawa M, Emoto N. Vascular endothelium derived endothelin-1 is required for normal heart function after chronic pressure overload in mice. (2014) PLoS One. 11;9(2):e88730.

学生さんへのメッセージ

医学と薬学は、その専門領域こそ異なるものの患者さんの疾病を治療するという目標に違いはありません。臨床薬学研究室では、三人のスタッフが医師であり、遺伝子レベルでの基礎研究成果を臨床医学・薬学へと展開する研究(トランスレーショナルリサーチ)を実践しています。研究室には多数の留学生が在籍するため国際色豊かな環境です。留学生たちと活発な議論を重ねることにより英語論文をリアルタイムに読み解く力と、海外の研究者とも自在にコミュニケーションできる力を育成しています。